2018/7/16  2:00

デシャン監督満願、フランス優勝!  スポーツ

ロシアW杯決勝戦はフランスが4-2とクロアチアを破って優勝。
デシャン監督はキャプテンで初優勝した1998年のフランス大会に続いて優勝の偉業達成。
試合の入りはクロアチアの方が遥かに良かったが、グリーズマンのFKからオウンゴールで先制。
それでもクロアチアが同点に追いつくも、フランスがPKで前半の内に再度リード。
前半はフランスはまともなシュートがないのにリードで前半を終えるのだから分からない。
後半はクロアチアが圧力を強めるが、フランスが中盤のカンテを替える思い切った交替から
カウンターで1点を追加。さらにもう1点取って4-1になった時は「崩壊」と叫んでしまった。
それでもGKに圧力をかけて1点を取ったクロアチアの諦めない姿勢で最後まで好ゲームだった。
2点リードで守備を固めてカウンター、ドリブルで時間を稼ぐのはフランスの試合巧者ぶり。
ベルギーに1-0で勝って予習済みであり、2点差はセーフティーだったろう。
センター・フォワードながらジルーは1点も取れなかったが、周りを走り回るグリーズマンと
エムパベが4点ずつ取れば充分だった。彼らはこの日も1点ずつ取って役目を果たした。
嗚呼、これで祭りも終わった。次はカタールの戦いとなる。日本もこの場に帰ってこないと。
デシャン監督は見事に少しずつチーム力を前進させた。おめでとうございますフランス!
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ