2018/7/31  23:28

アイリッシュ・ソウル爆発!  音楽

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

連投で渋谷クアトロのHothouse Flowers公演へ。
整理番号も若かったが、フロアにも座席があったので最前列に陣取る。
トートバッグとスナック付きで何か得した感もある。
ウエスタン・スウィングのWestern Caravanがオープニングとして定時の19時に登場。
ギター、ベース、ドラムス、ペダルスティール、フィドル✖️2でインストから始めた。
皆、それぞれのウェスタン・シャツを着込んでいるのに目を奪われる。
1曲終わるとボーカリストが入り、ベースダウン。歌入りではウェスタン・スウィング
と言うよりもカントリー、ロックンロール、ブルースの乗りと趣が少し変わった。
インストになると再び疾走感を増し、ウェスタン・スウィングになる不思議。
まあいずれもストライクではありますが。目の前のペダルのオヤジをずっと見ていた40分。
20分の転換後、後攻めのHothouse Flowers登場。いつもの様に裸足のリアムはピアノに座り、
後はギター、ダブルベース、ドラムス、エレクトリック・ブズーキの4人だ。
静かな出だしだったが、徐々に空気が渦を巻いたように熱くなるのを感じる。
"This Is It(Your Soul)"で最初の波はやってきた。
途中からリアムは立ってダンスしながら歌い、ブズーキ奏者は気がつけば
エレキ・ベースに持ち替えていた。ワタシも知らずに声を重ねていた。
アイリッシュ・ソウルの波に埋もれるのは心地良い。
何曲かして「不在のヒーローに」なんて事を言って出てきた殿下の"Purple Rain"に
暫し感じ入る。そして次の波は"You Can Love Me Now"だったか。
リアムはアコギを持ち、会場が総立ちになった。
以降、アンコールが終わるまでスタンディングで時は続いた。
本編ラストの"Don't Go"はラテンっぽいアレンジで個人的には熱量が減少したような
気がしてイマイチ。ここで長々とメンバー紹介とソロ回しが行われた。
アンコールではギタリストのゲール語での独唱、ティンホイッスルに
リアムもバウロンで対抗するなどトラッドの味わいも感じさせた。
Wアンコールで135分のステージを終えた。
今でも彼らのアイリッシュ・ソウルは熱い。一時リアムがトラッドに傾倒して
バンドが解散状態の時期もあったが、今再びロックン・ソウルを
燃えたぎらせてくれるのを見るのは古いファンとしては嬉しいものである。

1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ