2018/8/25  23:26

お初です阿佐ヶ谷  音楽

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

夕方なれどまだまだ暑い中、阿佐ヶ谷まで。
お初のお店Rojiで見汐麻衣主催の「うたのしおり8」を観に行った。
彼女の以前やっていた「埋火」も聴いた事がなかったが、共演がrallypapaと聞いて
来てみる事にした。チョウ・ヒョンレは大胆にもrallypapaを名乗る事にしたらしい。
盟友辻凡人が同行するのも嬉しい。
お店はceroのメンバー高城氏がオーナーとの事。まずは最前列に陣取って準備はOK。
5分押しの19:05に見汐さんからエピフォン のセミアコを抱えてスタート。
「チョウさんだけでいいんだけど少し演ります。早くビール飲みたい」と始めた。
オリジナルから始め、途中高田渡"コーヒー・ブルース"、
細野晴臣(小坂忠やないんか?)"ありがとう"、石川セリ"セクシー"のカバーを挟んで8曲余り。
ショート・バージョンの様にさくさくと、ラストの"1979"まて40分。
短い転換の後、チョウ・ヒョンレと辻凡人はソロ曲の"Baby"から始めた。
以降、フェンダーのシンラインでソロ曲中心にR & Cの曲も混じえて進めた。
個人的にはR & Cの曲にはつい反応してしまう。
"一人でできるかな"、"枯葉のブルース"、"道々"、"ふらいと"等が聴けた。
見汐さん入って、金延幸子"時にまかせて'なんかも演った。
見汐さんリクエストでアンコール的に The Bandの日本語カバーで"夏の夜の出来事"が
聴けたのは無上の喜び。この曲を昔クロコダイルで聴いた時の衝撃は大きかった。
そんな話を終演後、チョウさんと少し話をした。70分、もう少し聴きたかった。
ビールを4杯飲み、チョウさんに「次はバンドで来てね」と声をかけて店を後にした。
難波の The Bandの再来日はいったいいつになるのだろうか。待ってます。

1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ