2018/8/26  7:48

「夏フェス革命/レジー」読了  

図書館で借りていた「夏フェス革命/レジー」を読了。
20年を迎えたフジロックを始め、サマーソニック、ロック・イン・ジャパン、
ライジングサンを題材に日本の音楽フェスの推移をビジネス的視点でも切取り興味深かった。
純粋に音楽を聴くという事から、食事や他者との共生へと参加の意義が変わって行っていく事が
感じられる。洋楽フェスよりも邦楽フェスの方に力が入っているのも時の流れ。
邦楽のステイタスがフェスの大きなステージや時間帯へと変わっている事はどんなものか?
洋楽ではショーケース的な色合いも強く、その後も一般公演が行われない事も多い。
邦楽では一度に数バンド見られるので一般公演の動員が落ちる等の弊害もあるようだ。
個人的には国内のフェスで旅人の満足感が得られるのは地方のフェスである。
そして、お歳なれど旅行がてら海外のフェスに行く事も全然OKなのである。
なかなか楽しく読めた一冊。それでもファッション化されたものには馴染めないな〜(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ