2018/9/5  16:47

ジャニーズ事務所の思惑は如何に?  映画

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

台風明け、上野まで一歩き。TOHOシネマズ上野で「検察側の罪人」を観る。
かっては「映画の日」を中心に観ていたが、シニアになってからは
逆に割引日を避ける様になったが、今日はレディ・デイだった(笑)。
木村拓哉、二宮和也と揃えた事からジャニーズ事務所主体で組まれた画か?
今やキムタクはTVドラマでも視聴率を稼げないので、
「嵐の二宮付けるので木村主演でお願いします」と東宝にお願いしたのでは。
しかし、相変わらずキムタクはワンパターンな演技しか出来ない。
もはやSMAPの看板は無いし、役者で生きるしかないのだから
そろそろ年齢考えても一皮剥けないと。ニノの方がまだ多面性を感じる。
題材的にも評論家上がりの原田眞人監督向きだが、イマイチ欲求不満で終わってしまった。
以下、劇中の小ネタ。

○二宮と吉高由里子が立飲みするは、我が家近くの鶯谷駅前の立飲み屋。
○キムタク友人の議員がビジネスホテル から投身自殺したが、
 どこのホテルも自殺防止でそんなに窓は開かない筈。

「ドラゴン・タトゥーの女」の次作がやっと完成したらしい。公開が楽しみ!

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ