2018/9/26  12:57

「ハード・タイム/サラ・パレツキー」読了  

図書館で借りていた「ハード・タイム/サラ・パレツキー」をやっと読了。
スペンサー読本で挙げられていたサラ・パレツキーの女流探偵物を読んでみたが、
なかなか良かった。またこのシリーズを借りて読んでみる価値はありそう。
装幀の江口寿史のイラストがなかなか素敵です。
2000年刊行なのでPCのデータ保存がフロッピーなのが時代を感じさせる。
ハードボイルド(死語)と言えば男性のタフガイだったのだが時代も変わったね。
スペンサー読本には他の女流作家の名前も挙がっているので、順番に読んでみるとします。
今日が返却日、なんとか読み終えてヨカッタ。これから図書館に返却に行くが、
来週から旅行に行くので今日は借りるのは止めておこう。雨もじき降るようです。
ミュージック・マガジン誌のアレサ・フランクリン特集でも読んで帰ってくるとします。

クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ