2018/10/26  15:16

ボランティア  

帰国したらすぐにやろうと思っていたが、帰国2週間目にしてやっと実行。
本日、東京オリンピックの大会ボランティアにエントリーした。
フリーなので、パラリンピックも含めてフル参戦も可能。使い勝手良いよ(笑)。
まだ定員数にも足りてないようだし、はねられることはないとは思うのだが。
再来年は秋口までは空けておくつもりです。東京では来年2月から選考が始まるようだ。

東京オリンピックの記録映画を河瀬直美監督が撮る事が決まった。
それに対し「裏切り行為」の様な批判めいた声が幾つかfacebookから聞こえてくる。
「やれやれまたか」と思うばかり。これだから垂れ流しは困るのである。
河瀬監督がヒューマニズム溢れた作品を撮って来た言は事実であるが、
東京オリンピックを撮る事が悪い事とは思えない。所詮は商業映画の監督なのだし。
逆に彼女が選手と観客の生の美しい姿を撮ってくれる事に期待したい。
ガキの頃小学校の体育館で市川崑の記録映画を観て感動したものである。
何年かして子供たちが観て感動するなら、金の無駄ではなく立派な情操教育だろう。
政府の決めた事に何でも反対する事を正義と思うのはどうなのだろう?
個人的には海外から来訪する観客が、帰国してから良い大会だったと語り継いでもらいたい。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ