2018/12/25  13:32

2018年ベスト10 −新譜編−  ベスト10

今年は転居した事もあり収納できない音盤をイギリスもの中心に沢山整理した。
買ったモノはちゃんと聴かないといけないと反省する事しきりである(汗)。
それでも好きなアメリカーナや黒モノ中心に気に入った新譜は買い続けてます。
但し、流行物はBPM(Beat Per Minutes)が大きくて、オヤジの耳には合いません。
それでなくてもギターの激しいRockも厳しくなってきている柔い耳の持ち主ですから。
行方不明で未着のものもあるのですが、そろそろ2018年印も締める時期ですので。


1.May Your Kindness Remain / Courtney Marie Andrews
クリックすると元のサイズで表示します
その声質や歌い方を含め、Linda Ronstadtの不在で長らく失われていたピースが見つかった。
既に何枚かアルバムを出していた人だが、ワタシの視界には初めて入ってきた。
今年の愛聴盤と言えばこれを挙げずにはおれない。ロンドンで観たLIVEも素敵だった。


2.Out Of The Blue / Willie Hightower
クリックすると元のサイズで表示します
一昨年のWilliam Bell、昨年のDon Bryantに続き今年はWillie Hightowerが新譜をリリース。
彼も現役らしい伸びのある声でサザン・ソウルの新曲を届けてくれたのが嬉しい。
リリース後の来日では新譜からの曲が聴けなかったのが残念。結構良い曲ありますので。


3.The Prodigal Son / Ry Cooder
クリックすると元のサイズで表示します
倅Joachimと二人で作ったようなアルバム。それにTerry Evans、Arnold McCuller、
Bobby Kingの鉄壁のコーラス陣が加われば最強。Terryが収録後に亡くなったのが哀しい。
しかし倅のタイコが的を得ていて素晴らしい。もはやJim Keltnerは要らないって事か。
既知感はあれどもRyの音楽はいつだってTimelessだった。"You Must Unload"が染みます。
チケットを押さえていた6月のDC公演がリスケジュール=キャンセルになったのは残念至極。


4.Between Two Shores / Glen Hansard
クリックすると元のサイズで表示します
ワタシのベスト10常連のお方。地味なれど曲作り、歌唱共に高水準で安定してます。
現在のアイリッシュ・ソウルの第一人者と思っており、Van Morrison好きな方にも
是非彼の歌を聴いてもらいたいものです。


5.Secularia / Eliza Gilkyson
クリックすると元のサイズで表示します
フォーク系女性SSWの新作は静かな中にも力強い歌で満ち溢れている。
同系統のMary Gauthierも新作を出したが、曲作りではElizaに軍配を上げる。


6.Free Yourself Up / Lake Street Dive
クリックすると元のサイズで表示します
Blue-Eyed Soul風味たっぷりなコーラス・グループ。Keyが増えて5人組に。
リードの女性Racaelの声が何とも気持ち良い。若干ロック度が上がったような気も。
今風のManhattan Transferとも取れなくもないか。前回見逃してるので再来日希望です。


7.Young Sick Camellia / St.Paul & The Broken Bones
クリックすると元のサイズで表示します
小太りのイケてない風貌のボーカルながら、やっている音楽は最良のホワイト・ソウル。
一度生観ただけでファンになりました。
生が一番なれど、この新作もソウルの様式美を踏襲した良い曲満載です。
満を持して来年4月にビルボードに初来日。日本の黒モノファンをKOしてもらいたい。


8.See You Around / I'm With Her
クリックすると元のサイズで表示します
来日から3年、やっと出た三人娘の1st。アコースティックな弦楽器を操り、
それぞれがリード・ボーカルを取ったり、コーラスに回ったりとその変化が楽しい。
フォーク・ブルーグラス・カントリーとどの曲もキュートです。
10月にSFで遠目で観たが、何ら変わっては居なかった。再来日して欲しいですね。


9.Next Teardrop / 浜田真理子
クリックすると元のサイズで表示します
島根の秘宝・浜田真理子の20周年記念アルバム。
今年はカバーアルバムも出したがこちらのオリジナル・アルバムを断固押す。
"夢の中で泣いた"、"忘れ音"の2曲を聴くだけでも価値がある。
心を落ち着かせてくれるピアノと歌が素晴らしい。来年2月の東京2Daysも待ち遠しい。


10.Good Thing / Leon Bridges
クリックすると元のサイズで表示します
クラシカルなソウルの王道を引き継ぐLeonの2nd。スロー・ナンバーに特に惹かれる。
できるなら方向を変えずに歌っていってもらいたい。カバーも聴いてみたい人だ。
フジロックで1度来日しているが未見。東京で観れる日を待ってます。


次点にNathaniel Rateliff & The Night Sweats、The Decemberists、Amy Helm、
Melody Gardot、Brandi Carlile、Betty Lavette、Jennifer Warnes、The Jayhawks、
Old Days Tailor等々。まだまだ聴きたい新譜が出ている事がチョット嬉しい。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ