2019/2/8  14:05

強きアメリカの象徴  映画

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

朝からTOHOシネマズ上野で「ファースト・マン」を観る。来場ポイントで今回はタダ観です。
アポロ11号で月への人類最初の1歩を刻んだアームストロング船長の物語。
強きアメリカの象徴でもあった宇宙開発はジェミニ計画からアポロ計画、スペースシャトル計画と
続いて一段落した。スペースシャトルで日本人が何人も宇宙へ飛び立った事も誇らしい。
今はロシアが宇宙開発のイニシアチブを握っている。
DCのスミソニアン、ヒューストンのNASA、LAのサイエンス・センター等で
その栄華の痕跡を見た事も懐かしい。
ガキの頃アポロ11号はTVで見たし、翌年の大阪万博で月の石の展示が評判を呼んだ。
そういった過去の記憶と重ねて観てました。クレーターなんて言葉もこの時知ったはず。
着陸船の扉が開くと無音になるリアルさや、船長が亡くなった娘の想いを
月に一緒に持っていく辺りはいかにも映画って感じ。なかなか良かった。
初日・初回とこちらもファースト・マン気分です(笑)。さあ、帰るとします。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ