2019/2/18  22:43

真理子と歌おう Days 2  音楽

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

浜田真理子@晴れたら空に豆まいて2daysの二日目はバンド・セット。
ソロで観る機会が多いのでバンドは楽しみ。バンドなのでPAが違っている。
セットリストも少し変えて欲しいものです。
この日も19:35に"Lounge Rosesのテーマ"のインストでスタート。
二日目なのでもう驚きません(笑)。1部はソロで行うようだ。
次いで昨日は演らなかった"爪"が始まる。"君をのせて"、"ダニーボーイ"と昨日の2部の趣。
オリジナルの"まちあわせ"を演って、1部ラストは"流れ星"。しんみりとしちゃいます。
1部は40分で終了。2曲入れ替えてくれたのは有難い。
20分程の休憩を挟んでバンド・セットのスタート。キーボード、ベース、ドラムス、
サックスの4人をバックに昭和歌謡のカバー・アルバム「Lounge Roses」中心に演奏された。
歌詞のコピーは昨日よりも字が大きくなっていた(笑)。
最初の"東京ドドンパ娘"ではボーカル・マイクが低く、真理子さんの歌が
演奏に埋没気味だったが、次からは調整されて一安心。
"ブルー・ライト・ヨコハマ"に続いて演奏されたのはその前のアルバムに収録されていた
金延幸子のカバー"あなたから遠くへ"。
昨年の金延幸子の来日公演で彼女もバックでピアノを弾いていたはずだ。
"つぐない"の時間に続き、"夜霧よ今夜もありがとう"、"夕陽が泣いている"と続く。
しかしサックスの女性はどの曲もソロを取って美味しい立ち位置でしたね。
それにひきかえ真理子さんのピアノはソロに比べれば遥かに控えめ。
本編ラストは"ヨコハマ・ホンキー・トンキー・ブルース"。バンドで演るこの曲もカッコ良い。
アンコールではエモやんなしの"ミシン"そして"場末哀歌(エレジー)"。
引っ込むのが面倒ともう1曲"わたしたちのうた"を歌った。この曲とっても良かったな。
2部は55分。
昭和歌謡にバンドは合うし、全体見ても昨日と半分位曲を変えてくれたのは嬉しかった。
サービス精神旺盛ですね真理子さん(喜)。また上京して下さいね。

2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ