2019/4/10  0:55

サッカー女子代表、ドイツとは引き分け  スポーツ

なでしこジャパンの欧州遠征第2戦はドイツと2-2の引き分けに終わる。
フランスにチンチンにやられた後だが、前半ドイツが中に中にと攻めてきたので
オフサイドも何度も取れ、相手キーパーのミスから長谷川が決めて、
押し込まれながらも1-0とリードで前半終了。
後半はドイツもサイド攻撃をかけてきたのでピンチが多くなった。
フリーでクロスを上げられてヘッドで1-1に追いつかれる。相変わらずサイドの対応は課題。
再び相手キーパーのミスから2-1とリードできたので、ここで逃げ切らないと勝機無し。
再三好セーブをしてきた平尾のキャッチミスから同点に追いつかれたのは残念だった。
そして横山のCKからの植木のヘッドが相手バックスにはじかれたのは運がなかった。
それでもアウェーで米国戦に続き2-2と引き分けに終えられたので収穫はあったかな。
先発もボランチから後ろは固定化してきた感じはする。
あとは今日のように菅沢1トップにするか、小林・横山の2トップにするかであるか。
どの国もCBはでかいのでポストプレーでは菅沢も体負けする感じは否めない。
2トップの方が無難かもしれないが、長谷川をよりゴールに近い形にするなら
1トップもあるかもしれない。その場合でも横山か小林を1トップにするのでは。
あと2ヶ月でW杯初戦となるが、高倉監督への孝行娘はだれになるんですかね。
2試合見てドイツよりもフランスの方が遥かに良いチームなのは間違いない。優勝本命かも。


0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ