2019/5/17  22:26

魔女は健在  音楽

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

連荘の今日はオーチャードホールでRickie Lee Jonesを観る。
この流れで連荘の人も少なくないのでは(笑)。彼女のホールでの来日公演は久しぶりだ。
大きなステージでどんなバックを連れて来ているのかも興味あり。
19:05になると客電が落ち、ギタリストとパーカッショニストの二人が出て来て演奏を始める。
ビプラホーンを奏でて1曲インストを演ってからRickie Lee Jonesの登場。
アコギを手に先ずは" Weasel And The White Boys Cool"から始める。
魔法使いのおばあさんの様に一声で彼女の世界へ引き込んでいく。
蓮っ葉な歌いっぷりは彼女独特のもの。
次は早くもワタシの一番好きな"Young Blood"が歌われて沸点に達した。
ハッピーなオーラに包まれた感じ。この辺りから曲のコメントなんかも挟んでいく。
Lowell Georgeの話なんかもしながら"Easy Money"、"The Last Chance Texaco"等を
歌っていく。
日本先行発売のカバー新譜「Kicks」からもBad Companyの"Bad Company"、
Americaの"Lonely People"が歌われた。前者だけはエレキに持ち替えていたね。
共にアレンジされて彼女のオリジナルの様に歌われた。カバーの料理はお手のもの。流石です。
"Chuck E.'s In Love"を終え、中盤からはピアノに移り、より自由さを増した感じがした。
エッグ・シェイクからフクロウのモノマネ一声してからの" We Belong Together"は
その最たるものだった。ピアノでは6曲位演っただろうか。
本編ラストはギターに戻って「Flying Cowboys」からと言っていたが、
"Satellite"だったか?途中からちょっと記憶が怪しい(汗)。
アンコール無しでの95分。方針なのか彼女はいつもアンコールを演らない。
本来、アンコールはオマケなので強制はできませんが。
バックの二人も適度に自己主張しながらスキマを埋めた好演でした。
もう少し大人数かと思ったが、こちらの勝手な思い入れでした(笑)。
「シアターに戻ってきたわ」とご本人は大層お喜びでありました。

1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ