2019/5/25  22:23

ブルースの壁も一っ飛び  音楽

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

黒モノ2連荘、今日はブルーノート東京でFantastic Negritoを観る。
2作続けてグラミーでブルース賞受賞している猛者。
前回観た時もグラミー受賞後のタイミングだった。
パブリック・イメージとしてのブルースではない。もはや若手の奴らはロックやヒップホップ
聴いて育った世代ですから。今回も盟友マサ小浜がギターで参加してくれました。
5分押しの20:05にギター×2、キーボード、ドラムスの4人がステージに上がり、
追ってギターを抱えたFantastic Negritoが続く。
ニワトリのとさかのようなドレッド・ヘアに真っ赤なスラックス、
ノースリーブのアフリカンなロングコートとインパクトのある姿。
先ずは"Bud Guy Necessity"から始める。
ベースレスだが、ベース・パートは必要に応じてキーボードが埋めていたようだ。
2曲目で早くも弦を切るが、ハンドマイクでの曲まで数曲はそのまま張り直さずに弾き続けた。
マサ小浜も時々ソロを弾いて見せ場を作っていた。
"Scary Woman"、"A Cold November Street"等段々とエンジンもかかり、
アクションも大きくなり、ステージをフルに利用する。
アラブ的な香りのする"A Boy Named Andrew"はブルースの枠を外れた面白さを感じた。
以降もシャウトするシーンも度々の熱演。荒々しい"Rant Rushmore"に続き、
本編ラストはハードなギターと重たいドラムスがZepを想わせる
ブルース・ロックの"Plastic Hamburgers"で終えた。
しかしアンコールの大きな拍手が起こっても彼らは戻っては来なかった。
アンコールなしの65分。う〜ん、もう少し演って欲しかった。
額に汗しての熱演を2ステージした所でガス欠か(笑)。
前回とは風貌も変わっていたが、勢いは相変わらずあるね。
どんどんブルースの壁をぶち破って行ってもらいたい。頼もしい奴です。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ