2019/7/7  2:03

ブロンズ・メダルはスウェーデンの手に  スポーツ

女子サッカーW杯の三位決定戦スウェーデンvsイングランドは2-1でスウェーデンの勝利。
前半からフォア・チェックでの速攻を仕掛けるスウェーデンは11分、22分と得点を重ねた。
こうなると結構得点差が開いてワンサイド・ゲームになりがちな三決であるが、
イングランドも目を覚まして30分過ぎに1点を返し、ほどなくホワイトのゴールで同点。
と思いきやVARでハンド裁定で得点は取り消し。前半はスウェーデンが1点リードで折り返した。
後半はイングランドが攻め、スウェーデンはカウンターで対抗する。
しかし17時開始のゲームでニースの太陽は選手の体力を奪って終盤は皆ヘロヘロ状態に。
なんとかスウェーデンが逃げ切ってブロンズ・メダルを獲得した。お疲れ様のゲームでした。
前評判の高かったイングランドだが、東京五輪の切符しか得るものはなかった。
1ヶ月の熱戦もいよいよ今晩の決勝を残すのみ。女子のレベルも上がったのを感じます。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ