2009/8/20  23:09

リラックスしたトリオ・ザ・アッコちゃん  音楽

映画が終わったのが20:20。もたもたしてはいられない。新宿三丁目で丸の内線に乗り
半蔵門線経由で表参道まで。ブルーノートに着けば、もう客入れは始まっていた。
チェックインを済ませると66番という遅い整理番号をもらう。まあ、しゃんめいな。
ステージ右サイドに席を取り、ギネスでノドを潤し待つこと数十分。10分押しの21:40に
"BAKABON"でスタート。バックはウィル・リーとクリス・パーカーのリズム隊二人。
よってリード楽器はアッコちゃんのピアノのみ。プリミティヴな演奏が楽しめる予感。
次の"Evacuation Plan"は最新作の「AKIKO」からだが、何と英語バージョン。
このアルバム、DVDと日本語+英語のリミテッド盤を所有しており聴いてはいたが、
日本でまさか英語バージョンやるとは意外でした。同じように"いい子だね"も"Good Girl"。
ただ"変わるし"は日本語で歌ってたな。1stからの古い曲"クマ"なんて珍しい曲もあったが、
突然「いい歌だね」って歌い始める知らない曲が出てきた。途中、「きよしちゃん」とか
「どうしたんだ Hey Hey Baby」なんて歌詞も出てくる。"きよしちゃん"はアッコちゃんが
キヨシローの事を歌った鎮魂歌のようでした。10月リリースのアルバムは弾き語りとの事。
はたしてこの曲も収められるのでしょうか。アッコちゃんはこの日はピアノだけでなく
横に置いたキーボードも時々弾いた。このあたり最近親交の深い上原ひろみの影響かな。
時にファンキーに響くのでした。リズム隊も妙にJAZZに傾倒することもなく、ウィルは
ボーカルでもサポートしていた。ただし本編ラストの"ごはんができたよ"のクリスの
ドラミングはこの曲らしい和モノの香を少し薄らげていた。いつもと違った印象の曲となり
面白くはあれど、原曲アレンジの方がいいような気はしたのでした。アンコールでは
「ラスカルズの曲」と言って"People Got To Be Free"を演奏したが、ボーカルを分ける
ウィル・リーにとっておいしい曲だった。最後は"Rose Garden"で締めての70分。
リラックスした演奏で、昨年のマーク・リーボーとのスリル溢れるものとはちょっと違ってた。
一緒にやるメンツで音世界も変わるもの。来月の京都音博では盟友のくるりや
奥田民生と一緒にどんな音を聴かせてくれるのだろう。まあ、ハズレの無い人だからね。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ