2020/10/14  20:39

満足度MAXの二本立て  映画

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

連日のお出かけ。本日は早稲田松竹で「1917 命をかけた伝令」と「名もなき生涯」の
二本立てを観てきました。
二本とも公開時に見逃していた作品。前者は今年2月に公開され、オスカーでも
撮影賞他3部問を受賞した第一次大戦中の兵士の伝令の1日を綴ったもの。
全編ワンカットで大胆に撮っている。エキストラの数は相当だったのでは。見応えありました。
後者も今年2月に公開されたテレンス・マリック監督作で、第二次大戦下でオーストリアの夫婦が
信念を貫く物語。オーストリアの山河は美しいが、人を映すアングルの妙味により惹かれた。
そのアングルが心情を表すようだ。175分の長尺だが長さを感じなかった。
「地獄の逃避行」から始まり、「天国の日々」など秀作を撮りながら寡作の感が強かった
マリック監督だが、最近は撮る本数も増えているようなのが嬉しい。良い二本立てを観ました。
戦争ものであり晴れやかな気持ちとは行かないが、満足度はMAXでした。



0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ