2020/11/27  19:41

モノクロ映画  映画

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

こんなご時世ですが久しぶりに電車に乗ってお出かけ。
先ずはヒューマントラストシネマ渋谷で「Mank/マンク」を観る。
Netflix制作の映画だがこれは劇場にも掛かっている。
脚本家マンキーウィッツがオーソン・ウェルズの「市民ケーン」の脚本を書き、
オスカーを受賞するまでの伝記映画。苦悩しながら脚本を書き上げる現実に
回想シーンを散りばめて彼の偏屈な性格を綴っていく。
いかんせんセリフが多いと言うか言葉遊びが多過ぎて理解に苦しむ場面も少なくない。
そんな所がイマイチ乗り切れなかったか?
監督にデヴィッド・フィンチャー、主役にゲイリー・オールドマンと役者を揃え、
1930年代を意識してのモノクロ撮影と準備はOKなのですが。
さあ、場所を移るとします。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ