2021/1/20  9:41

確定申告の時期が近づく  

今年も2/16から確定申告が始まる。企業年金の源泉徴収票も一昨日送られてきたので、
そろそろ申告書の作成も考えるとします。
しかしこのコロナ禍であり、国はちゃんと減税や申告に基づく給付等を考えるべきだろう。
一律支給を拒むのであれば、それぞれの申告に基づいて行うしかない。今の時期しかないだろ。
既に麻生財務大臣は再度の一律10万円の支給は行わないと表明しているからなおさらだ。
確定申告に基づいて決められ、後日数値が送られてくる地方税と健康保険料もキツイ。
昨年はまとまった所得税が発生したので、地方税も健康保険料も目玉が飛び出る金額だった。
今年は企業年金しか収入が無かった上に自由診療のインプラントで歯を入れたので、
医療費控除で還付されるのかもしれない。給付金はもらえなくともこちらは規定通りにね(笑)。
しかし法人税収入も激減するだろうし、税支出も今後増大することから国の懐も厳しい。
そう考えると五輪&パラリンピックに投資する事の優先順位は下がってしまうか(涙)。
今年は報酬比例部分の年金がもらえる63歳になるが、いったい幾ら頂けるやら?
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ