2021/2/25  21:16

Wヘッダーその2  音楽

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

目黒から恵比寿経由で代官山の晴れたら空に豆まいてへ移動。
この日は The Music Plant主催の「 TOKYO SCREENING Vol.1 Wallis Bird」を観に来た。
昔風に言うならフィルム・コンサート。
配信はNo Goodのワタシですが、デカい画面でライブハウス音響で観るのは良いのでは。
何より持ってないWallisのライブ盤と主催者がアーチストに利益配分した
クラウドファウンディングのコンピ盤の2枚に1ドリンク付いて5,100円の
コスト・パフォーマンスの良さに惹かれた(笑)。
会場に着くと更にバター・チキン・カレーまで振舞われて更にお得感はアップした(喜)。
ビールのお代わりにも店の支援のリターンで貰ったドリンク券を使ったので、
ナッツを追加購入してお店に優しい男の片鱗を見せた。

18:30に始まり約75分。アイリッシュのSSWであるWallis Birdは彼女の住むベルリンから
ホームスタジオや自宅、サッカー場等からの映像を流すが、来日時に渋谷で撮った映像も
最後に流された。日本語字幕が入っているのは良心的だ。
彼女はAni Difrancoの様にギターをかき鳴らしながらシャウトするが、時に鍵盤を叩いて
叙情的にも歌う。
過去三度来日し、二度は足を運んだが、生の熱気は画面からは発しきれないのは致し方ない。
また彼女の熱いライブが観れる日が早く来て欲しい。

彼女は幼くして左手の指を切断し、運良く4本が繋ぎとめられた。
普通のギターを逆さにして弾くギッチョの奏法も彼女の個性。
そんな彼女だがホントに前向きで明るい。初来日の時にサインを貰った時も底なしの
笑顔を見せてくれた。健常者が普通に接する大切さを改めて教わった感じさえした。
明日は貰ったCDを聴かせてもらうとします。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ