2021/4/14  10:43

「火の鳥」5冊を読了  

先月に「映画芸術」と共にWoodstock CafeのABマスターに頂いた「火の鳥」5冊を読了。
本日、同所へやぎたこを観に行くので何とか読み終えてセーフ(笑)。
言わずと知れた手塚治虫の名作漫画だが、過去にきちっと読んだ記憶はない。
久しぶりに漫画も読むが、流石に手塚先生の描く漫画はストーリーがしっかりしている。
含蓄深いが、あくまで読者の理解を助ける説明で有り、マスターベーションにはなっていない。
各編が何となくつながりを持って大河ドラマとして流れて行く。
当時は情報も紙文化でしかなく、色々な知識を重ねて創作活動を続けてこられたのだろう。
今の人はネットでサクッと調べて上澄みをすくっているだけなのではないのだろうか。
画は上手い人はいくらでもいるが、ストーリーを描ける人は一握りだ。手塚治虫は永遠なり!
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ