2021/5/2  13:52

う〜ん イマイチ  

ROUTE BOOKSで先日買ってきた「アメリカ紀行/千葉雅也」を読了。
大学准教授の哲学者が学外研究で訪れたアメリカの地で感じた事を記している。
本屋で見た時には、配されているモノクロ写真とアメリカ生活で面白そうに感じた。
読み進めていくと、アメリカ生活を続けていくうちに哲学者の頭でっかちな面が
大きくなっていくように感じた。最終的には帰国してからの日本批判で締めくくる形になる。
著者もアメリカ生活の当初は段取りも悪く、帰国前にLAで財布を取られるなど
結構間抜けな行為もあるのだが、そんな事はどこ吹く風。ちょっと共鳴できないワタシ。
ワタシより20歳は若い方なので考え方も違うだろうが、世の平和に努めていってもらいたい。
結局、一番良かったのは彼が撮ったアメリカ生活の写真だったかな。う〜ん イマイチ!

クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ