2021/5/2  22:31

素敵な対バン  音楽

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

緊急事態宣言下でちと後ろめたい気もするが、リーガルマインドがあるものは応援します。
本日、青山月見ル君想フの「パラシュートセッションvol.95」なる音楽イベントへ足を運ぶ。
推しの二階堂和美がGentle Forest Jazz Bandで何度も共演経験のあるドラマーの
松下マサナオとのユニットで出演。対バンはSuchmosの鍵盤奏者TAIHEIの TAIHEI Trio。

アルコールなし、18時開始で20時までに終演と許される範囲での開催かと。
こちらも会場直行直帰と感染予防に気を使って臨む。
まあ、お店に優しい男の看板はこの日は下ろします(笑)。
しかし、広島在住で僧侶も勤めるニカさん、小池都知事の目を盗んでの越境は
仏の教えに反してはいないのか?

会場へ入ると客席にバンドセットが組まれ、ステージ上に置かれた椅子に座る。
ジンジャエールを飲んで開演を待つ。
10分押しの18:10に両ユニットが出てくる。先ずはTAIHEI Trioが演奏し、
これを受けて二階堂和美x松下マサナオが演奏する。このピンポン体制は最後まで続いた。

ピアノとウッドベースのデュオにトランペットのソロが被さるのがTAIHEI Trioの基本スタイル。
ゆったりとしたJazzyな演奏が何とも心地良い。1曲だけピアノソロがあった。
トランペットが歌謡曲風なメロディを奏でる1曲はカバーかと思いきやオリジナルとの事。
ニカさん絶賛のこの曲はホント素晴らしかった。

ニカ組は松下がパーカッションを駆使したドラムス演奏に、ニカさんがバイオリンベースや
エレキ、アコギと弾きながら歌ってくれた。
彼女はレッドゾーンに度々入りながら、惜しみなく歌声を張り上げる。
時にサッチモのスキャット風であり、インドネシアやマンダリン・ポップスの香りもする。
まさに現代のイタコか?
"あなたと歩くの"、"萌芽恋歌"等に混じって広島弁の新曲なんかも聴けた。

各6曲ずつ、ニカ組にTAIHEI Torioが加わる曲もあり、大ラスはニカさんの歌に
松下がスネアドラムをボンゴの様に手で叩く"お別れの時"。105分。
「こいつらカッコ良すぎ、こっちは土着るよ」と言う松下を始め、
両組が対バンの演奏を楽しんでいる姿が微笑ましかった。
やっぱ生の演奏は最高です!
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ