2021/5/16  12:20

「ハーレムの闘う本屋/ヴォーンダ・ミショー・ネルソン」を読了  

Readin' Writtin' BOOK STOREで買ってきた
「ハーレムの闘う本屋/ヴォーンダ・ミショー・ネルソン」を読了。
副題には「ルイス・ミショーの生涯」とあるように、著者の祖父の兄の功績を綴っている。
後書きにあるように一部年代や登場人物には想像して作り上げたフィクションもあるようだ。
大恐慌の時代やニグロとさげすまされた時代に同胞たちへ黒人の書物と言論を通し、
黒人の高いアイデンティティの構築へ尽力した事が文中から伺える。
マルコムXやキング牧師へ与えた影響も少なくない事に驚かされる。
それでも強い理念を社会に発する事により二人は暗殺されたが、ルイスは天命を全うした。
こういった市位の人物が黒人の地位向上に力を注いだ歴史に引き込まれた。
大判の本にイラストや写真をちりばめた編集もなかなか素敵。絵本的な感じもした好著。

クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ