2021/6/10  17:18

なでしこ8-0の快勝  スポーツ

五輪を目指す日本女子サッカーは男子と違ってフル代表である。
この日のウクライナとの試合は8-0と快勝。6人の選手が得点を挙げてアピールした。
得点は多く挙げたが、パスミスも結構ありもう少し精度を上げないと本大会では厳しい。
キャプテン熊谷の相方として先発した宝田も、前方へのフィードがラインを何本も割っていた。
この辺りも含め、解説の大野が的確に指摘していた。ただ勝てば良いのではないという事。
この日は南は出なかったが、熊谷の相方のCBは南の方が適任なのでは。
次のメキシコ戦は南が出ると思われるが、どちらがレギュラーに抜擢されるのだろうか。
いずれにしても18人で短い間隔での連戦が続くので、タフな選手が選抜されるはず。
選手選考に残された試合は次のメキシコ戦のみ。長谷川にイマイチ切れがないのも心配だ。
さあ、明日は男子のフル代表のセルビア戦です。前の試合の修正を望みたいものです。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ