2021/7/20  10:59

「チカーノ・ソウル/ルーベン・モリーナ 著 宮田信 訳」を読了  

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

「チカーノ・ソウル/ルーベン・モリーナ 著 宮田信 訳」を読了。
図書館の新刊コーナーで見つけて嬉々として借りて来た。
2021年2月発刊は6月の新刊として台東区立中央図書館に所蔵された。
8,800円なんて高価な本は買えないのでとっても嬉しい!

50年代末から70年代初頭にかけてのメキシカン・アメリカンのチカーノ音楽を
バンドとシングル曲を中心に細かに紹介している。
当時のレーベルやチケット、フライヤー、バンド等の写真を含めアートワークも素晴らしい。
イーストLAとサンアントニオ以南のテキサスが主だが、メキシコに隣接するアリゾナ、
ニューメキシコ等の状況も記述されている。
リッチー・ヴァレンスなど全米で有名な人よりもローカルな知らない人達に惹かれた。
タイトルにある様にソウルとR&B、ビートルズに触発されたロックが当時の主流であり、
テックス・メックスよりもポルカの方が順位は上の様だ(笑)。
そんな訳でロスロボスはもとよりサンタナの記述も殆どない。

現代のチカーノ・ロックであるチカーノ・バットマンをBGMにして読んでいた。
彼らが2013年に来日していたとは知らなんだ(汗)。

クリックすると元のサイズで表示します

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ