2021/9/14  22:13

8年ぶりのCURE JAZZ  音楽

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

雨の中を渋谷から歩いてブルーノート東京へ。
UA x 菊池成孔のCURE JAZZの久しぶりの公演である。
沖縄を離れ、今はカナダの島に住むというUA、今年(昨年)はデビュー25周年らしく
ソロにAJICOも復活させ、まとめて出稼ぎに来た様だ(笑)。
ついでに倅の村上虹郎にも会ったのかな?この日は右手ステージ横からから観る座席だ。

定時の19:30になると客電が落ち、ピアノ、ベース、ドラムス、サックスから成る
バンドの4人が出てくる。
バンマス菊池のメンバー紹介でUAがトイレタイムで遅れてる旨を暴露。
自らの紹介を「元カリフォルニア知事のアーノルド・シュワルツネッガー」とするなど
菊池のエンジンは全開だ。
遅れて登場のUAは髪も爆発気味、アイラインはキッチリとグラマラスな感じがカッコいい。
Youtubeで少し聴いてきたが、オリジナルの英語タイトルは覚えきれない。
歌詞も英語でUAの攻めの歌唱が随所に聴けた。
カバーの"Over The Rainbow"も超スロー・アレンジでピアノとのデュオから後半部に
バンドが一体化する様が素晴らしい。ベースの弓弾きもリード楽器の様で聴かせてくれる。
バンド・メンバーは一新したらしいが、誰もが達者な演奏だ。
ピアノの林正樹はポップス系のバックで弾く姿も何度か観ているが、
ホント柔らかいタッチが気持ち良く響く。この日も歌伴として色々と聴かせてくれた。
菊池は前半はテナー、後半は主にソプラノをブローしたが、
ソプラノサックスの吹きっぷりがワタシには響いた。クセ者ですね。
後半の新曲は日本語歌詞でUAのR&Bディーバっぽさが出て馴染みやすかった。
ラストの曲はフリー・ジャズ的でバンドのプレイが高まる瞬間が感ぜられた。
アンコールでは菊池もサックスを置き、UAのカウンター・ボーカルとして
スキャット等を繰り広げてくれた。
UAは何でも歌えるし、バンドも懐の深い好プレイの連続でした。次回はまた8年後か。
75分、堪能。

今月の生音はこれ1本のみ。ではまた来月に。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ