2009/12/30  15:28

2009年ベスト10 −DVD編−  ベスト10

下期にはBlue-Rayも導入、環境だけは向上する映像ライフだが、消化不良なのはいつものこと。
日々財産が増える今日だが、CDもDVD付のLimited盤があると、ついそちらを選んじゃうからね。
でも音だけよりも画も付いた方が印象が深まる作品も少なくない。ということで音楽物DVDも
今年は豊作です。旧作や映画なども含めて楽しい1年でした。


1.Live In London / K.D.Lang with The BBC Concert Orchestra
クリックすると元のサイズで表示します
"Hallelujah"1曲で1位確定です。素晴らしい楽曲に素晴らしい歌唱、これぞプロの技です。
日本では過去の人かもしれませんが、その歌いっぷりは年代物のワインの如く芳醇だ。
心が揺さぶられる歌に再び出会えた事に感謝!

2.Ashes Of American Flags / Wilco
クリックすると元のサイズで表示します
ロード・ムービー仕立てのツアー・ドキュメント。演奏もイイが、空や夕映えや町並み等の
アメリカの原風景が美しい。ただのライヴ・フィルムにしないところが彼ららしいか。
演奏もSpecial Featureとしてたっぷり楽しめる。来年の来日が凄く楽しみです。

3.Milwaukee At Last !!! / Rufus Wainwright
クリックすると元のサイズで表示します
今年もランクインのRufus君。ゲイ道まっしぐらのこのオリジナル・ライヴ・ビデオでも
キャバレー・スタイルのShowはワタシを惹きつけて止まない。素晴らしい芸人です。
CD+DVDにて購入だが、彼のLIVEは映像無くして成り立たないとさえ思っちゃうもの。

4.The Concert At Royal Albert Hall / John Fogerty
クリックすると元のサイズで表示します
野生の狼の如く衰えることを知らないJohnのLondonでのLIVEは最高のRockだ!
最近の曲も多いが、やはりCCRクラシックがベターでしょ。息子達にギターを弾かせて
ステージに上げる親バカぶりも。昨年オーストラリアで見たが一緒に歌える楽しいLIVEです。
楽曲は短いし、Udoのカップリングで来るのには最適のアーチストでしょ。
是非、来日してその勇姿を見せて欲しいものです。

5.Good Evening New York City / Paul McCartney
クリックすると元のサイズで表示します
Citi Fieldの杮落とし公演をシューティング。前のShea StadiumでThe Beatlesが
US上陸したことを思えばPaulは適役だったのでしょう。長いキャリアを総括するような楽曲で
最初から最後まで楽しめる。しかしBeatles Numberが多い。Paulは吹っ切れてるね。
2度の来日は見てないんで、ちょっと残念なワタシです。こんなのなら見たいな。
2CD+DVDで1,610円はamazon安過ぎ!

6.Spectacle Season1 / Elvis Costello
クリックすると元のサイズで表示します
コステロがゲストを招いて彼らの音楽についてトークしたりジャムったりと盛り沢山のTV Show。
バック・バンドのメンツも毎回豪華なので見逃せません。英語字幕付ければトークも
そこそこ分かるのが嬉しい。コステロは音楽の含蓄が深いのでゲストに突っ込むこと(笑)。
Blue-Rayは画もキレイな4枚組。Season2も出るのならまた是非見たいものです。

7.Woodstock / Various
クリックすると元のサイズで表示します
40周年ということでボリュームアップして再登場。国内Blue-Rayがamazonで
2,500円に満たない金額でリリースされたことが、Blue-Ray導入の引鉄に。
CCR等初出多し。しかしボリュームが凄くて、今だ一度しか見ていない(爆)。

8.Inflntto Ao Meu Redor / Marisa Monte
クリックすると元のサイズで表示します
素晴らしかった来日公演を思い出させるワールド・ツアーのドキュメント。少しだが
日本のシーンも含まれている。美しいだけでない、アーティスティックなところが彼女の魅力。
オフステージの顔も見れてファンにはたまらない。これはDVDにCDが付いたものだが、
ポルトガル語は分からないので珍しくも字幕付きの国内盤で購入。

9.I Am... Yours / Beyonce
クリックすると元のサイズで表示します
今年の来日公演とは異なり、Las VegasはWynn Hotelのキャパ1,500人のシアターでのLIVE。
したがってぶりぶりにダンスするよりも華麗に歌いまくってる。歌手としての力量を
存分に発揮していて、これがイイんですよ。女性オンリーのバックも含め、全てにゴージャス。
2CD+DVDで完全収録だが、これも映像の方が遥かに楽しめる一品です。

10.Rock And Roll Hall Of Fame + Museum Live / Various
クリックすると元のサイズで表示します
ロックの殿堂の授賞式の模様を3枚にコンパイル。いろいろな顔ぶれでのJamが楽しめるのも
この場なればこそ。とにかく皆さんビッグネームです。The BandにRobbieとの確執から
Levonが出てないのが何とも哀しい。字幕が無いのでスピーチは適当に読み飛ばしてます(汗)。
80年代など古い映像は少し画質が悪いが、これはしょうがないですね。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ