2011/5/31  22:45

昨年のMusicaresのLIVEがリリース  音楽

受賞者へのTribute LIVEはメンツも豪華でいつも楽しみ。受賞者は愛すべきベテラン達だし
カバー演奏するのも同年代か音楽的に近い後輩たちなのでハズレは少ない。
輸入のブルーレイは1,861円とお手頃価格で嬉しいね。初っ端からKeith UrbanとJohn Fogertyが
爆音で"Rockin' In The Free World"を奏でる。この親子のような二人の共演はオーストラリアで
見たことあるが相性良しです。オルガンをBooker Tが弾いているがギターには勝てずな感じ。
JacksonやJTも出ているが、今一つ自分の持ち味と曲が合ってないような気がしたな。
"Heart Of Gold"を歌うJTはバック・コーラスのメンツの豪華さの方が目立っていた。
ビッグ・ネームの連中よりもワイゼンボーンを弾きながら"Ohio"を真摯に歌うBen Harperや
"Lotta Love"をデュエットするJason Mraz&Shawn Colvinに魅かれる。Benは"Heart Of Gold"を
日本公演で歌うのを聴いたことがあるが、以前からNeilをリスペクトしているのだろう。
他にもどんどん泥臭くなっているNeilとはFarm Aidの盟友John Melencamp、ハモリの乗りの悪い
Neko Case&Sheryl Crowなど見所多数(爆)。もちろんCSNも出ています。ああそれなのに
それなのにNeilは演奏することなく、スピーチだけなのが返す返す残念。マイナス1点ですね。
本編が始まる前のBridge School Benefitの過去のビデオを見ていると、いつかはこれにも
行ってみたいという気を強くしたのでした。



0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ