2011/6/5  10:50

マーヤさん  音楽

一昨日延期となっていた坂本真綾「You Can't Catch Me Tour@国際フォーラム」を見てきた。
ツアータイトルとなっている新作は未聴なので、前半部は知らない曲ばかりだが押しなべて
Popな感じで悪くない。但し詩がピュア過ぎて汚れの身には少しばかりこそばゆいか(笑)。
そんな中にもシュガーべイヴの"Down Town"のカバーもあったりするが、このCity Popsの名曲も
彼女にはジャスト・フィットと言えよう。後で出てきた"悲しくってやりきれない"のカバーより
やはりこっちでしょう。適度に挟むMCも曲詩のようにピュアで優しい。ステージを動き回りながら
堂々と歌っていた。31歳ながら歌手生活も15年と言うことで、キャリアも豊富な彼女です。
バックはリズム隊にギター2本、キーボードとコーラス2人の編成。
中盤以降は過去の楽曲となり、聴きなれた曲が出てくることにより楽しさも増したと言える。
スローな楽曲よりも弾けるPopさが好みであり"風待ちジェット"、"マジックナンバー""光あれ"
なんてのに魅かれる。アンコールでは1stからの曲もやったが、最初から声優の余芸を超えた
しっかりとした楽曲を歌っていたことがうかがえる。初めての自作曲"Everywhere"は旅の途上で
生まれたらしいが、ひたすらに優しい声が続く。ラストはいつも最後に歌うというこれも1stからの
"ポケットを空にして"。延期になった公演の最終地は仙台とのことで「皆の思いを携えて行く」
というMCにホロリとさせられる。ワタシの旅のテーマは奥田民生の"さすらい"なのだが、
この曲も悪くない。サビの所は一緒にオジサンも歌わせてもらいました(爆)。会場連帯してたな。
客電が付き時計を見れば2時間50分もやっていたことに気付く。恐るべしマーヤさん。
但し、隣席はアニオタみたいなノリの兄ちゃんだったし、帰る時に周りを見ればいつも行く
LIVEとは客層が違い恥ずかしい気持ちがこみ上げてきた。こりゃワタシが居るべき場所じゃ
なかったようで(笑)。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ