2011/7/5  22:32

お気に入りの夫婦もの  音楽

昨晩聴いていたGillian Welchであるが、名義は個人となっているがデビュー以来、
旦那のDavid Rawlingsとのデュエットと言っても過言ではない。最近ではDerekとSuzanの
素晴らしいアルバムもあった。フォーク系の人で夫婦ものデュエットというのは結構見られ
妻を助ける優しき旦那の系譜が見られる。さすがアメリカはレディ・ファーストの国です。
てな訳で、本日はこの夫婦ものを聴いております。

クリックすると元のサイズで表示します

Sarah Lee Guthrie & Johnny Irionの「Bright Examples」。蛙の子は蛙のArloの娘さん。
いい感じのフォーク・ロックが聴こえます。バックにはNeal Casal、Gary Louris、
Mark Olsonなんて慣れ親しんだ名前も見られます。



その他の夫婦ものではStacey Earle and Mark Stuartなんてのも時々聴きますね。
クリックすると元のサイズで表示します

Steve Earleの妹さんです。兄貴もオープニングで使って女房にしたAllison Moorerと
一緒にやることも多いよね。古くはJohnny CashとJune Carterなんてのもあるし
これってアメリカの伝統芸なのかもしれませんね。
0



2011/7/9  0:10

投稿者:キーノ

ポピュラー・ミュージックも歴史が長くなったのか
自分が親しんできたミュージシャンの2世達が
活躍することも多くなってますね。
オヤヂの背中を見て育た奴らが、良い音を奏でてくれると
親戚のおじさんになったかのように嬉しくなります(笑)。

2011/7/8  8:43

投稿者:sasaki jin

へー、アーロのお嬢ちゃんでしたか。
俺も年を取ったなあ。
変わらぬアメリカを聞けました。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ