2022/5/5

岳のたらっぽ  山菜

ようやくたらの芽のご予約9割方、出荷できたので、ちょっとは空き時間ができました。
さっそくブログ更新。

早い山、中盤の山、ほぼ終了です。
あとは高山を残すのみ。

さて、高山というか標高の高い場所で採れるたらの芽、通常の物と異なり、トゲが激しかったり、色味が赤かったり黒かったりと、数種類が存在します。

中でも、この辺で、
「岳(だけ)のたらっぽ」と呼ばれるたらの芽を紹介。

まず、見てください。
これが、「岳のたらっぽ」

クリックすると元のサイズで表示します


どうです?美しいでしょう?

この色味に・・・ワタシ魅了されてます。

まあ、たったそれだけの記事なんですが・・・

あまり違いがわからない?

ではアップにしましょう。

クリックすると元のサイズで表示します


どうです?
おわかりですよね?

ムチャクチャ綺麗じゃないですか?

神秘的な色合い、
赤紫?に黒が混じったような・・・

赤乳茸の傘の色に近いワイン色?

白も入ってますね。
それと緑とのグラデーション・・・

美しいっ!!(^^)

残念ながらワタシだけかもしれません。

比較してみますか。

これが里山のたらの芽。

クリックすると元のサイズで表示します


なんて言えばいいか、腕というか足の部分。

まるでストッキングを穿いた女性の足のように魅力的ですよね。

わからない?
よ〜く見てください!
そのうちそう見えてくるから!

決していやらしいオジサンではないです。
例えです。

岳のたらっぽ、この時期に一瞬だけ垣間見るのが毎年楽しみなんです。

ただ、欠点があって、

採ったばかりは綺麗なんですが、みるみる劣化します。

お届けに最低一晩かかるため、到着する頃にはもっと黒ずんだような色味になります。

たまに、よく知らないお客様から、腐ったタラノメが届いた!とか来るんですが・・・
こういう色味のたらの芽です。

晴れた日、暑い日に採った物は、どうしてもヨレヨレになりますので、黒っぽい色味と相まって余計にそのように見えるかもしれません。

高山ですので結構遠くまで車を走らせなければならず、毎日は採れません。

採れる山も限られます。

行ったはいいが、まだ小さくて採れず、タダ戻り、というのもあります。
(もしくは大きくなり過ぎていてタダ戻りとか)

ですので・・・結構大変なんです。
岳のたらっぽ採取は。

ガソリンも高いですし・・・

で、肝心の味は?

ごめんなさい、わかりません。

毎年たらの芽の最盛期はシーズン中でも最も忙しく、夜明けから夜中まで暇無しのため・・・
天麩羅を揚げる元気がありません。

こしあぶらも終わりかけの頃、最後のチャンスに、ようやく思い出し、冷蔵庫にある山菜を片っ端から揚げていく感じ。

もう青いのだか赤いのだか黒いのだか、たらっぽなのか、こしあぶらか山うど、ハリギリなのかさえ・・・わかりません。

で、ああ今年も山菜の天麩羅を食べられたね♡

と言う感じです・・・

なんか自分たちが哀れになってきました。


と、泣いても笑っても、あと数日で終了です。

毎年、終了後に「欲しい」という方いらっしゃいますので、お早めのご予約をお勧めいたします。

今なら「岳のたらっぽ」も入りますよ〜、のアナウンスでした。



#### 収穫状況、出荷状況 ####


・こごみ、葉わさび、終了です。

こしあぶら

こちらも里山は、ほぼ終了。
あとは遠くの高山のみ、採れる日は限られるため、到着日指定とかまず無理です。
採れた日にしか出荷できません。


はりぎり

これも里山ほぼ終了。
はりぎり、わざわざ高山まで行って採取しません。
たらの芽、こしあぶらを採る際に生えてれば、ついでに数本採る程度。
セットに入れる程度となります。


あいこ

今が最盛期、すぐに終了です。

 
・ぼんな

苦戦してます。
私、太くて立派なぼんなが大量に採れる山を知ってたのですが、昨年くらいから全く良いものが採れなくなってしまいました。

やはり毎年採っていると生えなくなるようです。

今年は他のメンバーも口をそろえて同じ事を言います。
で、・・・これは厳しいなと。

細いものなら採れるんですが、プライドが・・・

もう少々お待ちください。


しどけ

最盛期です。
おそらくすぐに終了です。

遅い山は、残念ながら採る者がおりません。
稀に、当てにしていなかった者が採ってくる年もありますが・・・
当てにできません。


山うど

小さいのが見えてきました。
が、まだまだ最盛期までには数日かかりそう。


姫竹

早ければ中旬くらいから始まるかもしれません。


わらび

早ければ中〜下旬頃からか。


今年は変な年で、シーズン序盤までは大幅に遅れていました。

ふきのとう始まったのが3月20日過ぎなので、かなり平年より遅いです。

が、行者にんにく、かなり遅れるかと思えば、4月上旬からなので、まあ平年並み。

ここからです。
一気に季節が半月か1ヶ月進んだ感じ?

一瞬で(行者にんにく)伸びました。
最後のほう、ようやく出荷しました。

かたくり、一瞬で終了、

すぐにたらの芽が始まります。
これが4月20日頃?

通常なら小さいのから始まり、日に日に長めのものの割合が増えてきて、5月5日くらいから長いほうがメジャーになるのですが・・・

今年は最初から長いたらの芽(サイズLL)が、割合で半分以上は採れていました。

皆、油断していたのでしょう。
今年はまだまだ始まらないと。

いざ山行ってみたら、えっ?こんなに伸びてるの?

という状態だったそうです。

木から生える山菜が特に早かった気がします。

地面から生える、こごみ、あいこなんかはそこまで早くなかったような。

ですので山菜セットに苦労しました。

種類が無いため日に数件ずつしか出せない日が続き、気が遠くなりました。

寒くなったり暑くなったり、雪が積もったり、大風が吹いたり・・・
毎日毎日、目まぐるしく天気が変わりました。

で、ちょうどゴールデンウィークと重なり、出荷したいが出せない、というのが続出・・・

銀行入金、カード手続きしてくれない方になんども催促、

あぁ眼がまわる・・・

ようやくなんとか9割方、出荷できました。

あとはシーズン後半の山菜と、高山のたらの芽、こしあぶらをチョコチョコ。
と、セットですね。

後半の山菜、なかなか揃っては採れません。
そのため、セットは非常に難しくなりますので、あと数日で受付終了します。

たらの芽、こしあぶらが(揃って)採れた日くらいしか、出せません。

たらの芽とこしあぶらも、同じ山では採れません。
たらの芽が丁度良い大きさだと、こしあぶらは小さ過ぎます。
こしあぶら丁度いい大きさだと、たらの芽は伸び過ぎてます。

なので、別々に採取しなければなりません。

どうです?
難しいでしょう?

これ以降のセットの出荷は、ある意味、奇跡です。

たまたま運良く、あらゆる条件が揃わなければ、同時に種類が集まりません。

ですので、後半の山菜は、基本単品ごとのお届けとお考えください。

運良く同時採取できた場合に限り、同梱します。
(代引きに限る)

銀行振込、カード決済は「事前に」代金確定しなければならないため・・・
ちょっと無理です。
予知能力とかありません。

あと、塩蔵山菜ですが・・・、
昔はご予約受け付けていたのですが、ここ数年、体力的にもう終盤になるとグッタリで・・・
最後の一踏ん張りが効きません。

まだ元気が残っていれば、受け付けるかもしれません。

申し訳ありませんが保留、ということで。

やるとしても、

・わらび
・山うど
・山ふき

くらいかな?

では、シーズン後半もどうぞよろしくお願いいたします。



2021/10/19

ハナイグチ、また始まりました  きのこ

ハナイグチ、また始まりました。

何回目でしょうか・・・?
もう憶えてません。

まさか無いだろうと思ってましたが、念のためパトロールしたところ、
新しく始まった小さいツボミが10本くらい束で生えてました。

クリックすると元のサイズで表示します


これは他の山も見なければ・・・
今日は銀茸でも見に行って、駄目ならシーズン終了、と考えてましたが、急遽ハナイグチ山に変更。

3kgくらい採取。

本日の『日替わり限定商品』にて販売。


なんか傾向が分かってきました。

松茸や本しめじが不作の年は、ハナイグチ豊作ですね。

2019年も同じでした。
ハナイグチ、今年以上だった気がします。

あと、ちたけ(乳茸)が豊作の年は、松茸、本しめじ不作ですね。

15年遡って出荷数を見ると、この通りでした。

ちたけ、夏のきのこなので、松茸が始まる前にバロメーターになるかもしれません。

ハナイグチ、まあ出てくれて嬉しいのですが、ほんとハナイグチのみなんですよね・・・

同じ時期に採れる、なら茸は全然です。

栗茸もほとんど見ない。

畑しめじ、いまだにチョコチョコ採れてます。

こんな遅い時期に採れるなんて珍しい。

むき茸、ご予約分の出荷終わりました。
5kg、1日で済みました。

むき茸も次回以降、もし採れたら「日替わり限定商品」で販売いたします。

予約を採っても・・・採れるかどうか、もうわかりませんので・・・

夕方に、初茸わずかに入荷。
本来なら9月上旬のきのこです。

もう本当に訳わからん年です。

初茸が採れるのなら、松茸、本しめじ、クロカワあたりが採れてもいいはずなんですが・・・


最近は雨もちょくちょく降り、だいぶ気温も下がりました。
紅葉も進んで来ました。

なら茸、数種類ありますが、「ぼり」がまだ採れていません。

「ぼり」、紅葉真っ盛りの時期までは期待できます。

が、全く出ない年もあるため、今年はどうなるか・・・

今週いっぱい様子を見て、駄目なようであればキャンセルとさせていただきます。



2021/10/12

ハナイグチの大根おろし和え  料理

前回、クレームいただきましたハナイグチ!

大根おろし和えでいただきました。

クリックすると元のサイズで表示します


お客様にお送りするような良品は使っていません。

こんなんです。

クリックすると元のサイズで表示します


グロテスクですね〜。

が、全然食べられます。

と言いますか、下のハナイグチ、

クリックすると元のサイズで表示します


出荷前に撮った画像なので、まだ綺麗に見えますが、

配達には最低一晩かかります。
関西以南であれば二晩かかります。

そうすると、いったん濡れたハナイグチは、

クリックすると元のサイズで表示します


到着時には↑こうなります。

グロテスクですね〜。

が、傷んでません。腐ってません。食べられます。

こういうきのこです。

本日ハナイグチ、10パックは出荷してます。
全ていったん雨に濡れた物ですので、到着時には不細工になっていると思われますが・・・

全然、大丈夫です。
こういうきのこです。

茹でさえすれば、乾いたもの(を茹でたもの)と、見分けつきません。

前回と重複しますが、
あみ茸もヌルヌル系ですので、濡れた場合、同様です。
(ヌメリイグチ、くぎ茸も)

初茸も青くなったり白くなったり、「まるで傷んだような」外観になります。

なら茸、もともと不細工なきのこですが、時間経過でさらに不細工になります。

が、どれも美味しいきのこです。

これらを入れないで、というお客様、
天然きのこには向かないと思われます。

「きのこセット」のご注文、お控えくださいますようお願いいたします。


話を戻します。

「ハナイグチの大根おろし和え」ですね。

ハナイグチ、大きめの不細工な濡れた物を使用。

大きいヒラキは、小さめのツボミに比べ、さらに不細工になります。

が、刻んで茹でてしまえば、全くわかりません。

今回は、麺つゆ、醤油に浸けてみました。
(鷹の爪も少々)

旨い!

何杯でもイケます。

今日は妻も山に着いてきたため、結構採れました。
(特に大きいヒラキ)

塩蔵にするのは勿体ないので食べちゃおう!
となりました。

あみ茸のおろし和えと遜色ないような?
今年は不作であみ茸を食べていないため・・・比べられず。

料理画像、上品そうに見えるように、わざと小盛りにしてますが、こんなんじゃありません。

もっとデカい器に入れてお替わりして食べます。

こんなには食べられないでしょう・・・

という量でしたが、あら不思議。

子供にも大好評、完食でした。

不作であまり他のきのこも食べられなかったのもあるでしょう。

「明日も採ってきて〜」

簡単に言います。
ひとがどんだけ苦労して採ったと・・・

まあ、もちろん明日も行ってきます。

明日は「にんにく醤油和え」が食べたいな。


今日の戦果。

ハナイグチ。

クリックすると元のサイズで表示します


山に生えている状態ならこんなに綺麗なんですが・・・
籠に入れ、重ねることによって不細工になります。

家に帰って見てみると、さらに・・・
こういうきのこです。

今回が、4回目か5回目のピークですが、今回が一番出てます。
だいたいが、こんな感じで数本まとまって生えてます。

が、大きいヒラキがほとんどになってきました。

明日も良いもの採れるかどうか・・・というところです。

さすがに今回で終了と思われます。

ハナイグチ狙いのお客様、明日の『日替わり限定商品』がラストチャンスかもしれません。

栗茸。

クリックすると元のサイズで表示します


もう一丁。

クリックすると元のサイズで表示します


栗茸も、なかなかまとまった量が採れませんので、今までは「きのこセット」に入れていました。

今日は2パック、良品が採れたため「日替わり限定商品」にて販売。

これもすぐに終了と思われます。



松茸、あみ茸、香茸、本しめじ、クロカワ、お待ちのお客様、

出てきません・・・。

雨もちょくちょく降っていますが、気温がなかなか下がりません。

最低気温が10℃を下回る日が続かないと、

「遅くに始まるきのこ」が、おそらく出てこれません。

そうこうしているうちに日が進み・・・
もう10月12日。

松茸、あみ茸、香茸は・・・さすがに厳しいか?

本しめじ、クロカワならまだ期待できるか・・・?

予報では、ようやく週末頃から10℃を下回ります。

となると、来週・・・

さんざんお待たせしてしまいましたのでキャンセルいただいても構いません。

毎年毎年、異常気象ですが、今年ほど訳の分からない年は無いです。

出る順番も時期もあべこべで・・・
終わったと思えば再開したり・・・
始まったと思えばすぐに終わったりで・・・
全く予想できません。

各きのこの「遅くに始まる分」に期待して、寒くなるのを待つのみです。

それでも駄目な場合は・・・
どうかご容赦いただければと思います。


2021/10/9

ハナイグチ、再度始まりました  きのこ

なんと!
終了したと思われた、ハナイグチが再度、始まりました。

今年、おそらく4回目か5回目のピークです。

平年であれば2〜3回なので、1回ごとの収穫は少なめです。

要は、回数を分けて小出しにしている感じ。

が、今回が(今年の中では)一番多いかも。

7、8本くらい束になって生えてます。

が、一瞬です。

おそらく明日、明後日くらいで終了と思われます。

日替わり限定商品』にて販売しますので、狙っている方、チェックお願いします。

ラストチャンスです。


期待していた、あみ茸ですが・・・

私の知る山は始まりません。

雨も降り、気温も下がり、「遅いあみ茸」が始まる条件は揃いました。

わずかでも出てくれれば・・・と思います。


あと、7日に香茸、入荷しました。

が、これは新しく始まった物では無く、以前から出ていた物で「旬を過ぎた状態」だったため、「訳あり品」でした。

これも数日前に採れれば、良品だったんでしょうけど・・・

香茸も、あみ茸が始まるようであれば、期待できるかもしれません。


あと、新規の「きのこセット」のお客様で、なら茸、ハナイグチを見て、

「傷んでいる!」
「乾燥している!」
「古いきのこではないか!」

とクレームいただきましたが・・・

そういうきのこです。

松茸や本しめじと見比べれば、なら茸、肌質が「乾燥している」ような感じに見えるのかもしれませんが・・・

元々そういうきのこです。


ハナイグチ、乾いた状態で、わずかに採取したものであれば、綺麗ですが、
あみ茸、初茸と一緒で、雨が続くような天候の時にしか出ません。

濡れれば、ヌルヌル、ベタベタ状態になります。

そういうきのこです。

採取の際、籠に入れます。
(私は常に腰に籠を2個つけて山に入ります)

大量に採れば、籠いっぱいになります。

籠の中で、きのこ同士、押し合い、ぶつかり合い、下に置かれたきのこは上のきのこに潰されます。

小さいツボミなら、まだマシですが、傘の開いた物は、押された部分が跡から黒ずんだような外観になります。

その上、上のきのこの「ヌルヌル(液体状)」が下のきのこにかかります。

山で生えている状態であれば、ヌルヌルしているのは傘表面だけで裏側は綺麗ですが、籠に入れることによって、傘の裏面、軸の部分までヌルヌルになります。

他のきのこなら、少し濡れてもすぐ乾きますが、ヌルヌル系のきのこはなかなか乾きませんし、乾いても元の綺麗な状態には戻りません。

が、新鮮な「採れたて」のきのこです。

試しに料理してみてください。

乾いたものと、全く違いが分かりません。

天然物ですので、(栽培品に比べ)見た目はすこぶる悪いです。

鮮度の落ち方、外観の劣化、著しく早いです。

中でも、ハナイグチ、なら茸、特に早いです。
(あと初茸、あみ茸)

が、全く問題無く、食べられます。

特に今年なんか不作で、どのきのこもお待ちのお客様が山ほどいらっしゃいます。
古いきのこをわざわざ入れる理由が・・・思いつきません。

余るきのこが、そもそもありません。

B品や訳あり品は『日替わり限定商品』で販売します。

シーズン終盤の「きのこセット」には、なら茸、ハナイグチ、ほぼ確実に入ります。

ある程度、量の採れるきのこ、これくらいしかありません。

金茸、銀茸、栗茸、杉茸、カノシタ・・・
どれもほんのわずかしか採れません。

本しめじ、クロカワ、まあまあ量は採れますが、単品でご予約のお客様が、山ほどお待ちですので、そちらが優先されます。

それでもハナイグチ、なら茸が無理・・・
というお客様、

おそらく、あみ茸、初茸も、ヌメリイグチも、くぎ茸も無理かと思われます。
入れるきのこが無くなります。

栽培しめじやエリンギが「きのこ」だと思っている方には、「香茸」だってグロテスクに見えるのでしょう。

おそらく天然きのこは向きません。
栽培きのこをお探しください。


2021/10/7

あみ茸、赤初茸、入荷しました  きのこ

昨日、なんと!

あみ茸、赤初茸、入荷しました。

あみ茸、どれも小さく、若く、虫喰い跡も無い、最高の状態!

ぱっと見ただけで分かります。
今始まったばかりの、今始まろうとしている、あみ茸です。

これを見て、さっそく今朝、私も知る場所を見てきましたが・・・
全然でした。

が、今から始まる山もある、ということです。

あみ茸が再度、始まるのであれば、
松茸、本しめじ、クロカワ・・・と始まってきても、なんらおかしくありません。

前回の記事で披露した仮説が、現実になるかもしれません。

あみ茸は、1800g、ご予約2件分出荷できました。

赤初茸、「日替わり限定商品」にて販売しました。

クリックすると元のサイズで表示します

※あみ茸、写真撮るの忘れました、ごめんなさい

私の知る山も始まってくれれば、さらに多くのご予約、出荷できると思います。

が、時期が時期なので・・・

一瞬で終了と思われます。

※どちらも本来、シーズン序盤、9月上旬のきのこです。

しかも、シーズン終盤のきのこ、すでに終了後です。

考えられません。
常識がぶっ壊されました。

こんな年、経験したことがありません。

今後の予想も・・・
今までの長い経験と照らし合わせて考えます。

なので・・・こんな想定外のケース、予想もなにもできません。

おそらく、雨も原因ですが、温度が最も大きい原因だったのかもしれません。
今まで暖かすぎました。

ようやく今日くらいから、最低気温が10℃を下回ります。

平年であれば続けて出るはずの、
「寒くなってから出るきのこ」
が出てこれなかったのだろう、と仮定します。

やっと条件が揃いました。

いつでも出てくれ大歓迎。

というか早く出てくれ。


「寒くなってから出るきのこ」がこれから出るかどうか、で全て決まります。

出なければ終了。

出れば、もう少々、シーズンが続きます。

あみ茸然り、松茸然り、本しめじ、クロカワ、きのこセット・・・

何度も言いますが、前例はありません。

全て、奇跡です。

昨日、大きな地震もあったので、ちょっと気持ち悪いです。

きのこの出方が異常です。

天変地異がもし起きても、ああ、やっぱり・・・
としか思えません。

もっとデカいのが来ない事を願います。


※最近の戦果、せっかくなので置いておきます。

クリックすると元のサイズで表示します


最近、といっても3、4日前か?
昨日、今日と、あみ茸、初茸以外の入荷無し。

クリックすると元のサイズで表示します


これ↑、小さかったので山に残してきましたが、
数日後に来た時は・・・無くなってました。

クリックすると元のサイズで表示します


最後、金茸

クリックすると元のサイズで表示します



※追記

夕方、香茸、入荷しました。

と言っても、あみ茸、初茸のような新しく始まったきのこでは無く、
しばらく前に出て、雨に打たれ、旬を過ぎた、香茸なので「訳あり品」です。

これも新しい物が始まってくれることを願います。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ