2008/8/31

アミタケのおろし和え  料理

昨日採った あみ茸の初物、さっそく食べてみます!

定番の大根おろし和えでいただきます。

クリックすると元のサイズで表示します

★調理法★

○用意するもの

アミタケ-----適量
大根  -----適量
塩   -----適量

1)アミタケの「石づき」(根っこの土のついた部分)を切り、土や葉などのごみを洗い落とす。

2)気になる方は「虫抜き」してください。
 水を張ったボールに塩少々振り、1)のアミタケを入れ5分〜10分程度待ちます。
 虫が出たら洗い流し、終了。

※長時間水に漬けすぎると出汁が出てしまうので注意。

3)大根をおろします。(適量)

4)2)のアミタケを紫色になるまで茹でます。

5)大根おろしと和え、塩で味付けしてできあがりです!

簡単です。
私でもできます(笑)。

1年ぶりに食べる生の「あみっこ」(アミタケ)は格別です!

塩蔵の「あみっこはたまに食べますが、生のほうが香りも味も上です。

天然きのこ(山菜もそうですが)は簡単な料理がお勧めです。

素材本来の香りや味を楽しめるような軽い味付けで。

凝った料理や味付けにするのなら何も天然きのこでなくとも、栽培品で充分ではないでしょうか?

それも好みでしょうから、個人的な意見です。

アカヤマドリ、たまご茸など洋風料理に使う素材は別ですが・・・。

そちらの料理法は正直よく分かりません(笑)。

当店で卸している料理屋さんに聞くと教えてくれますが、難しすぎて理解できません。
(調味料や料理の名前も聞いたことの無いものばかり・・・途中で諦めてしまいます)
勉強が必要です。


昨日の山、明日また行ってみる予定です。

誰にも採られてなければ・・・、おそらく大猟!

ご注文分お送りできるかもしれません。

乞うご期待。



○ 人気記事 BEST10


香茸のクリームパスタ

アミタケのおろし和え

天然きのこ鍋!

たまご茸のチーズ焼き

アカヤマドリのクリームパスタ

ちたけそば

ちたけ油炒め

たまご茸のフライ

岩手産松茸と本しめじのホイル焼き

なら茸(さもだし)おろし和え!




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ