2019/9/17

桜しめじのバター炒め!  料理

桜しめじ、数年ぶりに「バター炒め」いただきたいと思います!

収穫時期がとても短いきのこなので、ご予約も20件くらいですぐにストップします。

ご予約分すべて出荷した後は、セットに入れるため、余ることが殆ど無く、なかなか食べる機会がありません。

数年前、妻の作ったバター炒めが忘れられず、毎年期待していましたが・・・
ようやく念願が叶いました!

クリックすると元のサイズで表示します


絵面は良くないですが、とにかく無茶苦茶旨いです!

期待どおりの「濃厚」な味!
濃厚、でいえば、香茸、アカヤマドリにも引けをとりません。


何も混ぜません。桜しめじのみ!

ビールが進む!

とにかくバターと良く合います。
パサパサしたきのこなので、バターをよく吸収するのでしょう。

他の調理法で感じる「苦み」「アク」は全く感じません。
それどころか、「旨味」に変化するような気がします。

味付けはバター、塩胡椒に日本酒を少々。

バターは結構多めに使います。

味を見ながらフライパンで炒めるだけ。

料理、と言えないくらい簡単です。
なのに旨い。

しかもリーズナブル。

今まで汁にしたり鍋にしたり、天ぷらにもしましたが・・・
どうもしっくりきませんでした。

バター炒めのためにあるきのこと言っても過言ではありません。

2kg!とか3kg!と、頼まれるお客様が昔からいらっしゃいました。
不思議に思っていたのですが、ようやく謎が解けました。

かなりの大きいヒラキや、壊れたヤツ、割れたヤツ・・・
いわゆる「ハジキ」ばかり使いましたが、
料理すれば、全く気になりません。

傘と茎の食感の違いも楽しめるため、むしろヒラキのほうが良いのでは?
ツボミを食べていないので分かりませんが・・・

虫喰い跡もありましたが、あまりに美味すぎてどうでもよくなります。
本当です!

なんか売りこみ必死になっているみたいでアレなのですが・・・

単に喜びを共有したいだけです。

出来ればもう一度、食べたいです。

あの量なんか一人で余裕で食べちゃいます。

男の子3人いるため、すぐに無くなってしまいます。

大きいヒラキは半分どころか4等分、5等分でも。
一口大のほうが炒めるのに楽です。

切り口に虫喰い跡あれば、気になる方は「虫出し」。

※いるとすれば傘と茎の付け根あたりにいます。

裂いてから虫出しすれば虫出やすいですが、きのこが水を吸ってしまいます。

パパっと済ませましょう。

でも炒める際、多少きのこから水分出たほうが、もしかすると炒め安いかもしれません。
昨日は虫出ししなかったので火を通すのに時間がかかりました。

きのこを大きめに裂いたのも原因かも。
小さめのほうが楽。

隠し味?の日本酒がコツなのかも。
料理はてんで素人なので分かりません。

とにかく、一度でいいので皆さんに試して欲しいです。
絶品です。

この価格帯でここまで「味」のあるきのこ、他に・・・

まあ、なら茸とか旨いですが汁物、和え物向きなので、ちょっと比べられないです。

桜しめじ、他の食材に例えると・・・・
なんにも思いつきません。

あえて、言えば・・・松茸?

食感が違うし、香りも異なるし・・・
ただ、「味の濃さ」で言えば、桜しめじのほうが上かも。
それくらい旨いです。

あと何日採れるか。
今度は大量に食べたい。
塩蔵にするのはもったいない!

おや、ちょうど『日替わり限定商品』でヒラキやB品がお手軽価格で・・・

本当に売りこみみたいになっちゃいました。

が、お試しいただきたい気持ちは本当です。
売れたら自分で食べられませんが次に期待します。


○ 人気記事 BEST10


香茸のクリームパスタ

アミタケのおろし和え

天然きのこ鍋!

たまご茸のチーズ焼き

アカヤマドリのクリームパスタ

ちたけそば

ちたけ油炒め

たまご茸のフライ

岩手産松茸と本しめじのホイル焼き

なら茸(さもだし)おろし和え!

クロカワの味噌和え!





※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ