2021/9/30

松茸、きのこ、大胆な仮説  きのこ

シーズン最後のきのこ、鬼なら茸、ハナイグチが採れています。

これが終われば、きのこシーズン終了・・・

何も無くなってから、しばらくしてから「むき茸」が出るくらいです。

ただ、まだ9月です。

こんなに早く終了した年は、いまだかつてありません。

平年に比べ、かなり暖かく、全く紅葉も始まっていません。

これは、いったんシーズン終了してから、少々おいて、涼しくなってから再度始まってくるきのこがあるかもしれません。

あくまで私の仮説です。

そんな前例はありませんが、これで終了とは、どうしても納得できません。


初茸、全く採れない為、全てのお客様、数日前にキャンセルいただきました。

が、その直後から、わずかですが採れ始めました。

ここ4日間で5パック、
日に1〜2パックではありますが、毎日出荷しています。

シーズン最後のきのこが出ているというのに!

今日、はなびら茸、アカヤマドリが1株ずつ採れました。

本来なら夏からシーズン序盤のきのこです。

シーズン最後のきのこが出ているというのに!

もう・・・訳が分かりません!

これは私の仮説、当たるのではないでしょうか?
前例はありませんが。

今晩、予報では雨が降る予定です。

雨にも二種類ありまして、
新しいきのこが始まるきっかけになる良い雨と、
今出ているきのこを終わらせる悪い雨。

降るタイミングによって、前者になったり後者になったり。
または両方を兼ねたり。

今回は後者になると思われます。

今、最盛期である、本しめじ、クロカワ、ハナイグチ、なら茸を終わらせる雨になると思います。

もちろん既に「終わりかけ」の松茸、香茸を確実に駄目にします。

が、初茸やアカヤマドリ、はなびら茸のように、再度、始まってくるきのこが出てくるような気がしてなりません。

どのきのこもまだ出荷できていないお客様いらっしゃいます。

平年であれば、このような状況であれば、状況説明し、キャンセルいただくところですが、初茸の例もあります。

もうしばらく様子を見させてください。

これで終了とは・・・信じられません。



###### 収穫状況、今後の予想 ######


● 松茸、香茸

ピークはとっくに越えました。
9月17〜19日あたりか。
不作の年は、最盛期もかなり短いです。

これから増えてくるか?と期待しましたが、すぐに減り始めました。
しかも段々に、ではなく、みるみる減りました。

序盤と終盤は日に数箱分しか出荷できていません。

上の「仮説」だけが頼りです。


● 本しめじ、クロカワ

ピーク越えています。
9月23〜25日あたりが最盛期。
以下、松茸、香茸と同文。

日に10箱以上出荷できたのは最盛期の3日間だけ。
それ以前、それ以後は、日にほんの数箱のみ。

今年はどのきのこも一瞬の最盛期。


● ハナイグチ、なら茸

9月27〜29日が最盛期。
以下同文。
今日はかなり減りました。

本当に一瞬です。


● あみ茸

もう採れなくなってからしばらく経ちます。
これも最盛期は2〜3日のみ。

が、「2回目のピーク」があるような気がしてなりません。


● カノシタ、金茸

もともと少ないきのこですが、不作なので本当に少ないです。

これもおそらく今夜の雨で終了の予想。


● 初茸

今、わずかでも採れていること自体が奇跡。
9月上旬のきのこです。

全てのお客様、キャンセルをお願いしましたが、
お一人様ずつ、ご予約順に、メールでお知らせしております。

600gとか800gは無理だと思いますが、200〜400gなら、
(ご予約順早めの方であれば)もしかするとお届けできるかもしれません。

何度もがっかりさせたり期待させたりで申し訳ありません。


● ほうき茸ピンク

採れなくなってから久しいです。

数件すでにお断りしましたが、もしかすると今後、復活してくれる可能性もあるかも。


● きのこセット

クロカワ、本しめじ、ハナイグチ、なら茸、と始まってくれたので、ここ数日、出荷ラッシュでした。

今夜の雨で、終了となるか、仮説が当たり復活できるか・・・


山の神様お願いします。
どうかどのきのこも復活できますように・・・


また私の朝活が復活しました。
毎朝、山に入ってます。

おもにハナイグチ、なら茸狙い。

撮りためた画像、せっかくなので置いときます。

クリックすると元のサイズで表示します


ハナイグチ、平年の最盛期に比べれば、やはり少ないです。
案の定、一瞬で終了しそうです。

カード手続きが遅いお客様、今後は厳しくなりそうです。

クリックすると元のサイズで表示します


なら茸!

クリックすると元のサイズで表示します


なら茸とハナイグチは、採るのが面白い!

食べても美味しいですが、採るのが本当に面白い。

あみ茸は、あるところに行けば、探さなくてもいいくらいあるので、なんというか「作業」のような感じ。
しかも軽っこいので採っても採っても溜まりません。

ハナイグチ、なら茸は探す必要があります。
この辺は出る山とだいたいは分かってますが、1カ所1カ所は詳しく憶えてません。

ハナイグチは落ち葉の色、なら茸は地面の色なので、適当に歩いていると見落とします。

じっくり探さねばならず、「宝探し」の感覚です。

群落を見つけたりすると興奮します。

クリックすると元のサイズで表示します


本命、本しめじ!

クリックすると元のサイズで表示します


新しい場所、発見しました!
なかなかツボミのうちに採れません。

地面が見えている場所なので見つけられました。

落ち葉の多い場所だと、かなりのヒラキにならなければ見つけられません。

円を描くように、1〜2m間隔で出ています。

クリックすると元のサイズで表示します


本当はもう少し成長させてから採りたいのですが、今年は暖かいためか虫が多く、小さくても入っているものもあるため採取。

クリックすると元のサイズで表示します


本しめじ、松茸は、もう完璧に場所を憶えなければなりません。
でないと先に誰かに採られます。

とは言っても、どこ見ても同じような風景の山の中。
完璧に記憶するのは困難を極めます。

まだツボミのうちに、ほぼ採取します。

ですので、豊作の年でもないと、なかなかヒラキは採れません。
採り逃したものが、採りきれなかった物が、ヒラキになります。

不作の年は、誰も親切に残しておいてくれたりしません。

いわば、チキンレース。
誰かが、まだ小さいので大きくしてから採ろう、と残しておいた本しめじかもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します


まだご予約の6割程度しか出荷できていません。

今年は希少品です。

お待ちのお客様、もうしばらくお待ちくださいませ。





※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ