小江戸ものがたり/川越の町雑誌

「小江戸ものがたり」の編集発行人・NPO川越きもの散歩の代表でもあるフジイの近況報告〜美味しいもの、ひと、きもの暮らしの日々。住んでこそわかる川越のdeepな日常をご紹介。文章・画像の無断転載はご遠慮ください。

 

川越のタウン誌

川越の町雑誌のWEBサイトです「小江戸ものがたり」創刊号復刻しました。市内書店にてどうぞ。 お問い合わせはこちらへ。

書籍「埼玉きもの散歩」

さきたま出版会より書籍「埼玉きもの散歩−絹の記憶と手仕事を訪ねてー」を発行しました。繭や着物、伝統工芸や酒蔵、県内各地のまちづくりにかかわる素敵な人たちを紹介しています。 詳細はこちらから

NPO川越きもの散歩

NPO川越きもの散歩 毎月28日「川越きもの散歩」を開催しています。

埼玉の繭を購入し「顔の見えるきものつくり」を始めています。      

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:西瓜堂
和服美人を3年分見たような思いです!秩父銘仙の生まれた秩父は、和服の似合う街だと実感いたしました。またお出かけ頂けると嬉しく思います。

http://blogs.yahoo.co.jp/suikanohen711
投稿者:koedo
maruyamaさま
遠方よりご参加ありがとうございました。着物で小旅行でしたね。秩父といえば、もう木村和恵さんですね。資料で配付した木村さんのエッセイ、何度読んでもジーンときます。
埼玉って着物の似合うレトロな町並み多いですよ。今度は行田へもぜひ!
投稿者:maruyama
今回も大変お世話になりました。木村和恵さん、千鳥格子の銘仙で素敵でした。銘仙と秩父の町への情熱に圧倒されました。裏通りに、こんなレトロな街並みがあるとは。夜祭り前日にも、ぜひ行ってみたいものですね。
投稿者:koedo
秩父のまちなかに華やかな着物姿があふれた午後でしたね。地元の方もみんな親切で、暖かく迎えて下さいました。
25日の長屋情報がわからなくて告知できず、残念でした。秩父まつりも行ってみたいですね。
投稿者:しのぶ
今回の秩父路も大変楽しゅうございました!
前回とは違う角度からも秩父を堪能することができ、また新たな秩父の魅力を堪能いたしました。25日は長屋で秩父のお話も伺いました。また訪れてみたいと思っています。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ