小江戸ものがたり/川越の町雑誌

「小江戸ものがたり」の編集発行人・NPO川越きもの散歩の代表でもあるフジイの近況報告〜美味しいもの、ひと、きもの暮らしの日々。住んでこそわかる川越のdeepな日常をご紹介。文章・画像の無断転載はご遠慮ください。

 

川越のタウン誌

川越の町雑誌のWEBサイトです「小江戸ものがたり」創刊号復刻しました。市内書店にてどうぞ。 お問い合わせはこちらへ。

書籍「埼玉きもの散歩」

さきたま出版会より書籍「埼玉きもの散歩−絹の記憶と手仕事を訪ねてー」を発行しました。繭や着物、伝統工芸や酒蔵、県内各地のまちづくりにかかわる素敵な人たちを紹介しています。 詳細はこちらから

NPO川越きもの散歩

NPO川越きもの散歩 毎月28日「川越きもの散歩」を開催しています。

埼玉の繭を購入し「顔の見えるきものつくり」を始めています。      

カレンダー

2020年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:koedo
<yuiさま
田中屋さんの最後のイベントとして「唐桟の会」ができたことは今思えば幸いでした。
田中屋さんのコレクション、ほんと素敵でしたね。小村雪岱や鏑木清方の装幀による鏡花本や邦枝完二の連載小説など、渋めのものばかり。わかる人にはわかる、コレクションでした。一部は市立美術館が管理するようなことを伺いました。
投稿者:koedo
来年の「着物散歩」は外国人も参加ということになりそうです。みなさん、英会話勉強しておいてね〜。
投稿者:yui
旧田中屋美術館の二階の和室は、このブログの写真のようにリフォームされたのですね。この場所で、今年の3月に、旧田中屋美術館最後のイベントとして開催されたトークイベント『川越唐桟復活ものがたり』で訪れたときのことを思い出します。そこでサプライズゲストで、漫画家の近藤ようこさんに初めてお会いして私はすっかり舞い上がってしまったという、私にとって思い出の場所でもあります。

ところで当時この2階に展示されていた旧田中屋美術館のコレクション、再び日の目をみることはあるのでしょうか?
投稿者:しのぶ
素敵なお店ですね〜 よく前を通過しているのに、存じ上げず。。。
今年最後のきもの散歩、伺いたかったですぅ
来年は28日に有給とって参上しちゃおうと画策中。
来年も宜しくお願い申し上げます。
*当日の様子、UPされますのを楽しみにしております!
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ