小江戸ものがたり/川越の町雑誌

「小江戸ものがたり」の編集発行人・NPO川越きもの散歩の代表でもあるフジイの近況報告〜美味しいもの、ひと、きもの暮らしの日々。住んでこそわかる川越のdeepな日常をご紹介。文章・画像の無断転載はご遠慮ください。

 

川越のタウン誌

川越の町雑誌のWEBサイトです「小江戸ものがたり」創刊号復刻しました。市内書店にてどうぞ。 お問い合わせはこちらへ。

書籍「埼玉きもの散歩」

さきたま出版会より書籍「埼玉きもの散歩−絹の記憶と手仕事を訪ねてー」を発行しました。繭や着物、伝統工芸や酒蔵、県内各地のまちづくりにかかわる素敵な人たちを紹介しています。 詳細はこちらから

NPO川越きもの散歩

NPO川越きもの散歩 毎月28日「川越きもの散歩」を開催しています。

埼玉の繭を購入し「顔の見えるきものつくり」を始めています。      

カレンダー

2019年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:koedo
<一路さま
お写真などご郵送ありがとうございました。
とても楽しい新年会で事務局のかたはいろいろとお気遣い大変だったことと思います。今度はクラプトンのお話もしたいですね〜。レイボーンと一緒に亡くなったマネージャーは知人でした。
投稿者:神田倶楽部事務局 一路
新年会にご参加頂きありがとうございました。初春を和やかに皆様とお会いすることができました。司会進行等の諸事多忙なため皆様と久しくお話しすることが出来ませんでした。大変に失礼致しました。今年も各地域での祭礼がスタートし賑やかな1年になりそうですね♪引き続きご厚誼を賜りますよう、お願い申し上げます。

http://blogs.yahoo.co.jp/kanda_ichirono1
投稿者:koedo
<日本橋室町nonさま
新年会では楽しいひととき、ありがとうございました。大正時代に神田で製作された、うちの町内の山車は高山にて修復のため出せません。会所には浦島の人形と幕を展示しますので、ご案内いたしますね。川越祭りは10月の第3土日、お待ちしております〜。
投稿者:日本橋 野 
初めての投稿です。
日本橋室町non です!先日の神田倶楽部新年会に参加していただき有難うございます、これからもよろしくお願いします。今年こそ9月は、祭礼にお邪魔します!
non
投稿者:koedo
<西平さま
新年会では楽しいひとときを過ごさせていただきました。実は中学・高校とお茶の水のYWCAに通っていたので神保町、駿河台は懐かしいエリアなのです。今度は千嘉坊のことを教えて下さいませ。今後ともよろしくお願いいたします。
投稿者:西平
江都天下祭研究会「神田倶楽部」新年会に
ご参席いただき誠にありがとうございました。楽しんでいただけましたでしょうか?
記事掲載も重ねて御礼を申し上げます。
下記、私めのサイトにも紹介させていただきます。もっぱら撮影に専念していたもので、真っ当なご挨拶もできませんでしたが、今後ともよろしくお願い申し上げます。


http://nishihei.com/
投稿者:koedo
<一鯛さま
HP拝見いたしました。神田祭の絵もとてもいいですね。川越の山車もよろしくおねがいします。

<yuiさま
江戸時代の神田明神の山車まつりをみた川越商人がそれを真似て、江戸の職人に山車や人形を作らせました。お江戸から山車がなくなり、小江戸にその面影を残す山車祭りが残っています。うちの町内の浦島の山車は、大正時代に神田明神前にあった山車製作工房「だし亀」に依頼して作られたものです。川越と神田のつながりもあるのです。面白いですね。
投稿者:yui
神田明神のお祭りというと、お神輿というイメージが強いのですが、その昔は山車が出ていたのですね。初めて知りました。川越まつりと神田明神のお祭りとは、どこかでつながっているということなのでしょうか。
投稿者:一鯛
新年会お疲れ様でした。
先日ご挨拶させていただきました“祭り絵師 船橋いったい”でございます。
少しずつですが川越祭りの絵を描いていきたいと思っておりますので、新作など出来ましたらまたご案内させて頂きたいと思います。
また、私の“いったいの祭り絵”ホームページもお時間がある時にご覧になって下さい。
今後ともよろしくお願いいたします。

http://www.ittai.jp
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ