小江戸ものがたり/川越の町雑誌

「小江戸ものがたり」の編集発行人・NPO川越きもの散歩の代表でもあるフジイの近況報告〜美味しいもの、ひと、きもの暮らしの日々。住んでこそわかる川越のdeepな日常をご紹介。文章・画像の無断転載はご遠慮ください。

 

川越のタウン誌

川越の町雑誌のWEBサイトです「小江戸ものがたり」創刊号復刻しました。市内書店にてどうぞ。 お問い合わせはこちらへ。

書籍「埼玉きもの散歩」

さきたま出版会より書籍「埼玉きもの散歩−絹の記憶と手仕事を訪ねてー」を発行しました。繭や着物、伝統工芸や酒蔵、県内各地のまちづくりにかかわる素敵な人たちを紹介しています。 詳細はこちらから

NPO川越きもの散歩

NPO川越きもの散歩 毎月28日「川越きもの散歩」を開催しています。

埼玉の繭を購入し「顔の見えるきものつくり」を始めています。      

カレンダー

2020年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:koedo
<ふるさと角館
ご参加ありがとうございました。塩野米松さんとは川越で時々お会いしアドバイスをいただいております。職人さんの聞き書きなど、すばらしいお仕事をたくさんされていて師匠です。

<しのぶさま
出張で全国行かれているのですね。国体開催と新幹線開通でどこも同じ町になっていきます。秋田駅周辺はビジネスホテルばかりでした。

<653さま
ご参加ありがとうございました。矢島もいいところのようですね。石川製糸つながり驚きました!

<shokoさま
秋田に転勤でお住まいだったのですよね。角館きもの散歩開催したいくらいきものがぴったりの町でした。

<温泉にゃんこさま
青柳家、広大な敷地で武家屋敷テーマパークのようでしたが自然な形でとても好感がもてました。行政の資料館との違いが際立っていました。今度は温泉を教えてくださいませ。
投稿者:ふるさと角館
先日の秋田市での講演会をお聞きした角館の者です。川越まつりの山車との繋がりで角館ことをちらりとお話されていたのでお寄り下さればと思っていたのですが寄って頂いたのですね。嬉しいです。
恥ずかしながらこのブログを読むまで塩野米松さんが川越にお住まいだとは知りませんでした。実に奇遇なのですが、今角館で「ジブリの絵職人 男鹿和雄展」が開催されていて、藤井さんの講演をお聞きした日の午前中、角館で塩野さんと男鹿さんの対談を聞いたばかりでした。これも何かのご縁でしょうか。
角館のお祭りのサイトを作っています。よろしかったらご覧下さい。
http://www.kakudate.com/omatsuri/


http://www.kakudate.com
投稿者:しのぶ
「いつまでも手元において町の記録になるものを作ること」そこに住み生活してるからこその視点、行政には見えない視点での記録を是非、今後も!! 秋田駅周辺は「ここは秋田?」と疑問符ですが、角館は「いかにも角館」と納得しますね〜 きものde一泊旅行、アリですね♪
投稿者:653
川越の楽しいお話をありがとうございました。

次にお会いできるチャンスを期待しています。

http://www.yashima-npo.org/html/index.php
投稿者:shoko
わぁ〜懐かしき秋田!
角館は着物の似合う町ですよね。
こえど紫さんと秋田・・・
なんだかご縁を感じます♪
投稿者:温泉にゃんこ
おお!角館、大好きです。
青柳家、ため息がでますよね☆
お着物姿が、ピッタリの家並み。
さぞかし注目されたのではないでしょうか?
koedoさま地方に進出!今後の展開が楽しみです。
まずはお疲れさまでした。

http://moon.ap.teacup.com/nyanko/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ