小江戸ものがたり/川越の町雑誌

「小江戸ものがたり」の編集発行人・NPO川越きもの散歩の代表でもあるフジイの近況報告〜美味しいもの、ひと、きもの暮らしの日々。住んでこそわかる川越のdeepな日常をご紹介。文章・画像の無断転載はご遠慮ください。

 

川越のタウン誌

川越の町雑誌のWEBサイトです「小江戸ものがたり」創刊号復刻しました。市内書店にてどうぞ。 お問い合わせはこちらへ。

書籍「埼玉きもの散歩」

さきたま出版会より書籍「埼玉きもの散歩−絹の記憶と手仕事を訪ねてー」を発行しました。繭や着物、伝統工芸や酒蔵、県内各地のまちづくりにかかわる素敵な人たちを紹介しています。 詳細はこちらから

NPO川越きもの散歩

NPO川越きもの散歩 毎月28日「川越きもの散歩」を開催しています。

埼玉の繭を購入し「顔の見えるきものつくり」を始めています。      

カレンダー

2020年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:koedo
<えみゆさん
そうですね。京都の南座も外観はそのままで補強工事がされています。
「オペラ座の怪人」のように歌舞伎座にも歴代の役者の魂が宿っていること、3階席や幕見でいつも実感します。
投稿者:えみゆ
「どこでしたっけ?建て直ししたけどそのまま同じに立て直したものって、外国にありましたよね?」「カペル橋とか、韓国の門とか」歌舞伎座も耐震老朽化は解りましたから同じに立て替えたら良いのに。建物から醸し出される雰囲気ってすごい威力があると思うのですが・・・。喪って実感する価値、保存で体感する価値。
投稿者:koedo
お会いする方みなさま、歌舞伎座建て替えに反対なのです。でもその声を反映する受け皿がないのです。松竹本社へは歌舞伎ファンとしてメールを送りましたが、保存運動はおきていないようです。
東京駅前の中央郵便局のときのように、鳩山大臣が「壊すな〜」とか言ってくれないかと。経済状況のため変更になりました〜と撤回の可能性に希望をつなぎます。オリンピック誘致より歌舞伎座建物買い上げのほうが東京都のためになるし、歌舞伎座があるから銀座も特別なポジションだと思うのです。
「きもので歌舞伎座」は憧れの対象ですが「きもので国立劇場」「きもので演舞場」っていう気持ちにならないのはなぜなのでしょう?
投稿者:akiaki
私もあの話、聞いたときにほんとうにびっくりしました。
あの建物、きえてしまうんですね。それにしてもどうして?…
まあ、いろいろ事情もあるのでしょうが、そうも日本って大切なものをばりばりと壊してしまうところあるように思えるんですが…
投稿者:しのぶ
こえど紫さん、うなみさんに私も同感でっす!
いまだに信じられないというお気持ちも全く同感・・・
もっともらしい理由をいくら言われてもやっぱり「なぜ?なんのために?意味ないっ」という思いが勝ります。
どんでん返し、私も期待しちゃってます。
投稿者:うなみ
まったくもって同感です!
本気で「ビル」にする気みたいですね。
後世、ぜったいに悔やまれるハズ!
どんでん返しがおこらないですかね…
ハ〜〜(嘆息)


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ