小江戸ものがたり/川越の町雑誌

「小江戸ものがたり」の編集発行人・NPO川越きもの散歩の代表でもあるフジイの近況報告〜美味しいもの、ひと、きもの暮らしの日々。住んでこそわかる川越のdeepな日常をご紹介。文章・画像の無断転載はご遠慮ください。

 

川越のタウン誌

川越の町雑誌のWEBサイトです「小江戸ものがたり」創刊号復刻しました。市内書店にてどうぞ。 お問い合わせはこちらへ。

書籍「埼玉きもの散歩」

さきたま出版会より書籍「埼玉きもの散歩−絹の記憶と手仕事を訪ねてー」を発行しました。繭や着物、伝統工芸や酒蔵、県内各地のまちづくりにかかわる素敵な人たちを紹介しています。 詳細はこちらから

NPO川越きもの散歩

NPO川越きもの散歩 毎月28日「川越きもの散歩」を開催しています。

埼玉の繭を購入し「顔の見えるきものつくり」を始めています。      

カレンダー

2020年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:koedo
<yuiさま
おひさしぶりです〜。川越は今村昌平監督の「鬼畜」やマッチのハイティーンブギシリーズで川越祭りの山車で太鼓をたたいている映画があるそうですよ。

<まぶまさま
侍戦隊というものもあったのですね。本丸御殿もでてきそうですね。

<一人静さま
川越は東京から日帰りロケができるので便利なのでしょうね〜。

<温泉にゃんこさま
本日の仮面ライダーは水車のある田園地帯でのロケでした。私、できればヤッターマンのドロンジョ様でお願いいたします。(笑)
投稿者:yui
映画やドラマのロケ地として町おこしをするケースがあり、代表的なところとしては広島県尾道市(大林宣彦監督の作品といったらここですね!)がありますが、川越の街は、特にそれを狙っていたわけではないけれど、独自の町づくりが効を奏して、ロケ舞台という魅力もいつの間にか兼ね備えたということなのでしょう。次はどんな映画、ドラマのロケ舞台になるのでしょうか・・・。
投稿者:まぶま
仮面ライダーもですか!
侍戦隊シンケンジャーも川越が出てきますよね?
ちょっと前は幸町の蔵造りの街並みも登場していました。
「時の鐘が鳴っている!」的なセリフもあったような。
たぶん「侍戦隊」なので、江戸的な風景が必要だったんでしょうね。
子供が好きでシンケンジャーもディケイドも録画してあるので、見てみます。
投稿者:一人靜
学生の頃よくビリヤードをしました。
あの頃は所謂四つ玉が主流でしたね。

喜多院も結構ロケに使われるようで、以前には和風総本家の番組でも外人の着物着た少年少女が水舎の処で撮影していました。

http://www.geocities.jp/kouboutomsawyer/
投稿者:温泉にゃんこ
悪の女王「koedo」登場ってのはいかがでしょ(^^ゞ
川越はロケにふさわしい場所がいっぱいありますが、
まさか仮面ライダーとは!面白いですね♪

http://moon.ap.teacup.com/nyanko/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ