小江戸ものがたり/川越の町雑誌

「小江戸ものがたり」の編集発行人・NPO川越きもの散歩の代表でもあるフジイの近況報告〜美味しいもの、ひと、きもの暮らしの日々。住んでこそわかる川越のdeepな日常をご紹介。文章・画像の無断転載はご遠慮ください。

 

川越のタウン誌

川越の町雑誌のWEBサイトです「小江戸ものがたり」創刊号復刻しました。市内書店にてどうぞ。 お問い合わせはこちらへ。

書籍「埼玉きもの散歩」

さきたま出版会より書籍「埼玉きもの散歩−絹の記憶と手仕事を訪ねてー」を発行しました。繭や着物、伝統工芸や酒蔵、県内各地のまちづくりにかかわる素敵な人たちを紹介しています。 詳細はこちらから

NPO川越きもの散歩

NPO川越きもの散歩 毎月28日「川越きもの散歩」を開催しています。

埼玉の繭を購入し「顔の見えるきものつくり」を始めています。      

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:koedo
くぬるぷさま
白木の山車のお披露目、おめでとうございます。町内引きの様子、川越ケーブルテレビで拝見しました。以前取材させていただいた森棟梁が手がけていらして感激しました。


爺!!さま
え〜。いらしていたのですか。会所でひましておりました。蔵通りからひとつ東側の川越街道沿いは山車が通らずひっそり状態でした。川越市の山車は官軍に見えますね(笑)。能の猩猩(しょうじょう)らしいです。
投稿者:くぬるぷ
両日とも雨がきわどかったですが、なんとか曳行できて本当によかったです。来年の大祭が楽しみですね。
投稿者:爺!!
こんばんわ〜
今日(16日)川越まつり行ってきました^^v
朝から暑いので単の着流し姿です。
川越は何度となく行きましたが、お祭りは今回が初めてです。
江戸時代は神田で行われていたんですよね。
やっぱり山車のフィギュアが美しいです^^
特に印象深かったのが仲町の「羅陵王」でしょうか、雅楽の世界を思わせるような感じで独特の雰囲気でした。
川越市の山車は赤熊を被った官軍かと(笑)
また川越らしい太田道灌や徳川家光なども…
蔵造り資料館2階の格子窓越しに見た山車は一段と川越らしくて素敵な風景でした。
今回は残念ながら夜のお祭りは見られませんでしたが来年は是非、夜も見ようと思います。


http://www.geocities.jp/edo_jii_4039/index.htm
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ