小江戸ものがたり/川越の町雑誌

「小江戸ものがたり」の編集発行人・NPO川越きもの散歩の代表でもあるフジイの近況報告〜美味しいもの、ひと、きもの暮らしの日々。住んでこそわかる川越のdeepな日常をご紹介。文章・画像の無断転載はご遠慮ください。

 

川越のタウン誌

川越の町雑誌のWEBサイトです「小江戸ものがたり」創刊号復刻しました。市内書店にてどうぞ。 お問い合わせはこちらへ。

書籍「埼玉きもの散歩」

さきたま出版会より書籍「埼玉きもの散歩−絹の記憶と手仕事を訪ねてー」を発行しました。繭や着物、伝統工芸や酒蔵、県内各地のまちづくりにかかわる素敵な人たちを紹介しています。 詳細はこちらから

NPO川越きもの散歩

NPO川越きもの散歩 毎月28日「川越きもの散歩」を開催しています。

埼玉の繭を購入し「顔の見えるきものつくり」を始めています。      

カレンダー

2020年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:koedo
野口伊織さんという一人の男性がFUNKY、サムタイム、西洋乞食、チャチャハウス、赤毛とそばかす、など吉祥寺の各店舗を展開していたと知りびっくり。吉祥寺と音楽をむすびつけた功績は大きいですね。

FUNKY、サムタイム、も健在のようです。
京都の磔磔、拾得、蔵のライブハウスには私も行っていました。ジャズ喫茶よりロック喫茶の世代かな。

http://www.iori-n.com/index.html
投稿者:きんや
吉祥寺FUNKY
ほんのちょっと遅れた「二十歳の原点」世代なので西の京都シアンクレール
東の吉祥寺FUNKYでした。
シアンクレールはもうないそうですが
吉祥寺FUNKYは健在なんですね。
あるうちに行きたいものです。
投稿者:koedo
夏蜜柑さま
あのお肉屋さん有名でしたね。あと小笹の最中も。自転車で吉祥寺にいけるなんて楽しい生活でしたね。住んでみたいまちの第一位だそうです。
西荻も好きです。
投稿者:夏蜜柑
以前、三鷹に住んでいた頃は自転車で遊びに
出かけていました。
駅前商店街のお肉屋さんのメンチカツが有名
で行列が出来てましたね。
今もすごいのかしら?
井の頭公園近くのイタリアン「ブリミバチ」も
お勧めです。
懐かしいな〜
久しぶりに出かけてみようかと思いました。

http://blogs.yahoo.co.jp/gannbarumama1965
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ