小江戸ものがたり/川越の町雑誌

「小江戸ものがたり」の編集発行人・NPO川越きもの散歩の代表でもあるフジイの近況報告〜美味しいもの、ひと、きもの暮らしの日々。住んでこそわかる川越のdeepな日常をご紹介。文章・画像の無断転載はご遠慮ください。

 

川越のタウン誌

川越の町雑誌のWEBサイトです「小江戸ものがたり」創刊号復刻しました。市内書店にてどうぞ。 お問い合わせはこちらへ。

書籍「埼玉きもの散歩」

さきたま出版会より書籍「埼玉きもの散歩−絹の記憶と手仕事を訪ねてー」を発行しました。繭や着物、伝統工芸や酒蔵、県内各地のまちづくりにかかわる素敵な人たちを紹介しています。 詳細はこちらから

NPO川越きもの散歩

NPO川越きもの散歩 毎月28日「川越きもの散歩」を開催しています。

埼玉の繭を購入し「顔の見えるきものつくり」を始めています。      

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:koedo

<温泉にゃんこさん
古川は面白い人がたくさん!雪国なのでみんなで助けあって暮らすということが普通のようです。お店への支払いも盆暮れにまとめてとか。お祭り中心に1年がまわっているのは川越と似ていますね〜。


<夏蜜柑さん
きもの散歩でも行きたいですね。お正月の三寺参りという行事は若い女の子たちがみんなきものでお参りするそうです。

<アビーロードさん
どこに旅しても織物文化が気になります。東京新聞、みました!
投稿者:温泉にゃんこ
日本の原風景が残っている土地、その土地で
生きている方のお話を聴きたいです。
投稿者:夏蜜柑
「ああ野麦峠」は映画で観た事があります。
きものが似合いそうな町並みですね。
こういう風景を見るとほっとします。

http://ameblo.jp/natumikan1965/
投稿者:アビーロード
織物が紡ぐ文化、大切にしたいですね。

今朝の東京新聞,しっかり読んでます♪
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ