2006/5/27

『相馬図鑑』感想文 5/6  相馬裕子
<今月の看板だけ微妙にレイアウトが違う>
クリックすると元のサイズで表示します
「月見ル君想フ」では最後の「相馬図鑑」。
今日は朔、名残り惜しいのか、細い涙雨が・・・
開場前に傘の花が咲いた。

名阪東の3会場を巡ってきて、席位置も右手
後方から、中央、そして今回、左手の初めて
最前列(キーボードに噛り付き)を陣取る。
相馬さんを横から見上げるポジションだが
前に客席の人垣が無いという開放感を味わい
つつ、ステージを満喫する。

はじめから、ミラーボールが回るいつもと違う
空気の中、ドラム、ベース(テツ&ナッキー)
が入ったズンズンくる演奏が始まった。
ポップな曲はもちろん、聴かせる曲でもドラム
とベースの音によって、曲そして相馬さんの
歌声に重厚さが加わり聴く者に迫ってくる。
また手拍子を入れられる曲も多く、盛り上げる
のにはもってこいのツアーだった。

個人的には、曲の間にマグカップを口にした
ときやなにやに、ふっと見せる表情がちょうど
見える角度だったので、その表情の向こう側は、
客席からは思い及ばない何かがあるのだろうと、
想いながら観ていた。

そういえば初日名古屋は髪をかきあげる仕草が
多くみられたが、東京では終わりの方で少し
あっただけで、この辺からも余裕が感じられる
気がした。
アンコールの「お参り」のピアニカも、ステージを
重ねる毎に落ち着きを取り戻して(上達の跡が
見えて)いた。(それでも時々黒川バンマスに
微笑?の視線を投げかけられる場面もあったが)

終演後、Adamの「ほんとは嘘」が流れる会場を
後にする。

今回は朱里さんを交えて新橋の串とん屋で飲み
東海道線を乗り継ぎ、ながらで帰還する。
0

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ