2006/7/9

ほおずき市〜渋谷クラブクアトロ  飯島真理
四万六千日様、お暑い盛りです、ってほどではなかったが
雨には降られず、人間の安倍川にもならずの参詣日和。
遠来の客人を案内し、ほおずき市なるものを見物に浅草へ。
クリックすると元のサイズで表示します
参詣を済ませ、花やしきやら、仲見世をひやかし雷門から
尾張屋で天丼を食し、電気ブランは通過し、大川を渡った
金雲の下でビールを一杯飲んで時間切れ、浅草見物は終了。
急ぎ都心を横断し渋谷へ移動する。

開場には15分ほど遅刻し会場へ到着する。
クリックすると元のサイズで表示します
先に入った知人に導かれステージ上手袖に陣を構える。
スピーカーの影でピアノの位置は見られなったが、
センター位置では真近に拝見できた。
イギリス(UK)に強くリスペクトされているようで
アレンジのバックにビートルズが見え隠れしていた。
またセシールの雨合羽、もとい雨傘も新たなアレンジ
と懐かしさが重なって感慨深い1曲になっていた。
そして終演後の外は雨、なんと言うグッドな演出。


クリックすると元のサイズで表示します
入口にはしっかり監督からの花が置かれており、
物販でDVDを入手し、ライブ後には監督の受賞記念+
次回作の企画会議(飲み会)に同席させていただく。
役どころをどうするか思案中・・・果たして結果は!?
お開きの後、監督とトリ前のこだまで三島へ戻る。
0

2006/7/12  6:51

投稿者:火鬼@ヤマアラシ
お初です。
あの会議って、そんな集まりだったのですね。(知らなかった!)
月曜日もDVD購入して盤面にサインしてもらいました!
それでは。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ