〒949-6372 新潟県南魚沼市石打972−2  025-783-3442    アンティーズハウスHPはリンク集からどうぞ。

2019/9/18

ヤマメ発眼卵放流 参加者募集のお知らせ  フィッシング

恒例の U's +Futures ヤマメ発眼卵放流のお知らせです。

河畔林の伐採や河川改修等により、魚たちの安息の場所が少なくなった内水面。
魚野川の場合、直近では’11新潟豪雨後の河川改修により、
河川環境が悪化したことは否めません。

30年前、「釣っても釣ってもまだ釣れる」と感じていた魚野川。
そんな豊かな川に戻したいとの僕の思いは
いつしか「釣り人の手で魚を増やしたい」との発想になりました。

そして2014年夏、小出アングラーズベンチ池田修氏の協力で
魚野川フリークのフライフィッシャーたちとともに立ち上げた『U's +Futures』

今では釣法の垣根を越えて大勢が協力してくれるようになりました。

そして、今回は6回目のヤマメ発眼卵放流になりますから
うまくいっていれば、3世代目を放流することになります。

クリックすると元のサイズで表示します

発眼卵放流はデータによると生存率が高いそうです。
成熟魚まで成長するのは数パーセントとも言われていますが、
人為的な放流ではおそらく最も成果があると思われます。
しかしながら、あまり行われないのは、多くの人手が必要になるからです。

クリックすると元のサイズで表示します

また、卵を放流する行為は、
なにより釣り人の「川への思い入れ」が強くなり、高い意識も育まれます。

クリックすると元のサイズで表示します

今年も放流流域の魚影を調査したところ、1年魚がたくさんいました。
(同流域には漁協によるヤマメ稚魚放流はしていません)

また、成果を証明する手立てはありませんが、
6年前と比べ、全域で居着きヤマメの魚影が増えていることは確実です。

これも多くの皆様の応援のお蔭です。


放流は難しくはありませんが、多くの人手が必要となります。
今回も大勢の参加をお待ちしております。


■日程 11月10日(日)9時半ごろ開始 
※雨天決行

放流は全行程で2〜3時間です。

お昼には魚沼名物の「ホルモン焼き」、
好評の「天然キノコ汁」
焼き鳥や焼きそば等のバーベキューを実施予定
(飲み物は各自ご用意ください)

※バーベキューは1,000円の参加費を徴収します

■主催 U's +Futures (船沢京介 池田修)

ウェーダー、手袋、防寒着(雨具)をご用意ください。

※当方でも準備してありますが、スコップ(鉄製)などをお持ちの方は
持参していただけるとありがたいです。
    
また、11月9日(土)はアンティーズハウスにて
食事会&懇親会を行います。


クリックすると元のサイズで表示します


土曜日に宿泊できる方は、是非参加してください。
南魚沼産コシヒカリ新米や特別料理をご用意します。

御予約は下記の予約フォームやメール他のメッセージなどで受け付けます。

ご宿泊は7,000円(2食付、税別)
※お酒持込みOK

※前日の懇親会から参加の方は、ざっくりと9日(土)夕方ごろにお越しください。

※10日のみお手伝いいただける方は、8:45ごろまでにアンティーズハウスにお越しください。
10日のみ参加の方も食材準備の都合上、参加の旨をご連絡ください。


また、例年同様、大変無粋ですが、放流資金・備品・消耗品購入費として
任意で500円のカンパを募りますので、
ご協力いただける方はなにとぞよろしくお願いいたします。


【放流の様子】

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

【バーベキュー】

クリックすると元のサイズで表示します


参加希望者は アンティーズハウス までご連絡ください。

【連絡先】
 
電話 
025−783−3442

Eメール 
kyo@ro.bekkoame.ne.jp

アンティーズハウス宿泊予約フォーム 
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/book.html


過去の発眼卵放流の様子

【2014】
http://green.ap.teacup.com/kyosuke/853.html

【2015】
http://green.ap.teacup.com/kyosuke/1111.html

【2016】
http://green.ap.teacup.com/kyosuke/1375.html

【2017】
http://green.ap.teacup.com/kyosuke/1626.html

【2018】
https://green.ap.teacup.com/kyosuke/1822.html

釣り人は、いかに繊細にリリースをしても多くの魚の殺生をしていることは事実です。
魚を増やす活動ができるのは、とても貴重で、なにより楽しい時間です。

同時にこうした活動が「釣り師のたしなみ」となることも願っています。


「興味はある」程度の軽い気持ちでも大丈夫です。
県内外、釣法を問わず、気軽に参加してください。

どうぞよろしくお願いいたします。


アンティーズハウス
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/


昨年から魚沼漁協も後援してくれることになりました!

2019/9/16

秋ヤマメを探す  フィッシング

今日はお客さんに同行して秋ヤマメを狙うという企画でした。

このイベントを企画した時は参加者が少ないだろうと考えていたので、
支流に入る予定でした。

しかし、予想より参加者が多かったので、本流へ。

連休最終日なので、シビアなことは予想されましたが、
上流部の水位が低いため中流部にエントリー。

クリックすると元のサイズで表示します

ヤマメ狙いの流し方などを説明してスタートすると、
ほどなくして綺麗な虹鱒がヒット。
みんなのモチベーションが上がります。

クリックすると元のサイズで表示します

その後、こちらでは狙いの尺ヤマメ

クリックすると元のサイズで表示します

まだ秋色というには早いですが、お見事でした!

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは巨大ヤマメか!?
と思いましたが

クリックすると元のサイズで表示します

綺麗な中型虹鱒

クリックすると元のサイズで表示します

彼はその後、本命をキャッチしました。
こちらもお見事です!

クリックすると元のサイズで表示します

参加の皆様、ありがとうございました。
僕も楽しませてもらいました。

こういうイベントも良いですね。
またやりましょう!


【お知らせ】
9月23日は22日に宿泊の方でご希望の方に
今シーズン最後の本流釣りセミナーを行います。
今回のテーマは「底波ドリフト・送り込みを含む本流釣りの組み立て」
お気軽に参加してください。

そして、9月28日は恒例の納会。
生ビール飲み放題です!
ご遠慮なくお越しください。


アンティーズハウス
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/
025-783-3442

2019/9/13

秋の魚野川本流ヤマメ  フィッシング

水位変動があった魚野川
今朝は珍しく暗いうちに起きて川に出ました。

時期的に釣果の可能性が高い上流部を後にし、
ヤマメ狙いで中流部の大場所へ向かいました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

川原に咲く花々は秋を知らせてくれます。

夜明け前に出発したのは、
いつも先行者がいる人気ポイントを今日こそ流したかったからです。

水温は17℃
クリアで平水

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

エントリー後、小1時間経ち、
ようやくヒットしたヤマメは35cmの成熟魚。
秋色が入り始めていました。

クリックすると元のサイズで表示します

もう少しすると、もっと赤黒くなることでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

メスに見えるので、無事に子孫を残してくれたら嬉しいですね。


クリックすると元のサイズで表示します

トラウトフィッシングシーズンもあと半月ほど。

一緒に有終の美を飾りましょう!


アンティーズハウス宿泊予約はこちら↓です

http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/book.html
025-783-3442

2019/9/12

魚野川に待望の水位変動  フィッシング

今朝、6時ごろに雨が止んだので、川を見に行きました。

クリックすると元のサイズで表示します

気温は18℃。
せっかくなので、少し流してみることに。

クリックすると元のサイズで表示します

川は濁りが非常に強かったので、
岸際を狙ってみましたが、無駄な抵抗でした(笑)

天候は回復するようなので、
週末の連休はチャンスですね。

空室があるので、どうぞ遊びにいらしてください。



アンティーズハウス
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/
025-783-3442

2019/9/11

発眼卵放流のヤマメ  フィッシング

南魚沼のコシヒカリ
例年より若干早く稲刈りが始まりました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

アンティーズハウスでも今月中に新米を入荷予定です。

クリックすると元のサイズで表示します

画像はお客さんのキャッチした尺ヤマメ。

魚野川は水位が低く、シビアなようです。
今日の雨で水位が上がることを期待しましょう。

クリックすると元のサイズで表示します

昨日は空き時間にヤマメ発眼卵放流流域の魚影調査をしてきました。
大勢のご協力のお陰で今年も1年魚はたくさん確認できました。
この流域の漁協によるヤマメ稚魚放流はしていないので、
これらは発眼卵放流の成果と思います。

しかし、一昨年以前の放流による
2年魚や成熟魚がいそうなところは暑さでばててしまい調査を断念。

16日の「秋ヤマメを探す」イベントで
参加者に手伝ってもらおうか?とも考えていますが
成魚は広範囲に散っているでしょうから、そう簡単にはいかないでしょうね。


アンティーズハウス
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/
025-783-3442


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ