〒949-6372 新潟県南魚沼市石打972−2  025-783-3442    アンティーズハウスHPはリンク集からどうぞ。

2018/10/12

南魚沼の紅葉狩り  自然体験

最低気温の低い日が続いています。

今年の湯沢・南魚沼の低地の紅葉は
来週末ごろから来月初旬ごろが見ごろと予想しています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

宿から10分程度のドライブコース
(画像は昨年)

クリックすると元のサイズで表示します

三国ダム上流 十字峡の遊歩道を歩くのもお勧め

他にも名所がたくさんあります。


クリックすると元のサイズで表示します

南魚沼塩沢産コシヒカリ新米は来週入荷予定です。


紅葉狩りの拠点にもご利用ください!


アンティーズハウス
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/
025-783-3442

2018/10/7

岩魚産卵床と親魚放流 奥只見の魚を育てる会  フィッシング

昨日は「奥只見の魚を育てる会」の人工産卵床造成を手伝いました。

クリックすると元のサイズで表示します

毎年参加していますが、本来なら肌寒い時期の銀山平は
フェーン現象で時期外れの真夏日。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

25名ぐらいの参加者が散り散りになり、岩魚のための産卵床を造ります。
今回は暑さで汗が噴出し、休憩も多く取りました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

完成

クリックすると元のサイズで表示します

そして、親魚放流
60cmはありますね。

クリックすると元のサイズで表示します

親魚として放流した岩魚たちは今年銀山湖でキャッチされた大岩魚。
大型の遺伝子を残すことも目的の一つです。

【大岩魚の放流動画】
https://youtu.be/8A2TGb2nAQQ


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

夕方からは懇親会。

楽しい時間ですが、今回は台風の接近していました。
この後強風となり、22時ごろにはコテージへと引き上げました。

そして、今日は朝から嵐となり、永世禁漁区のリバーウォッチングは中止に。
残念ですが、台風では仕方ないですね。


そもそも僕が代表を務めるU's +Futures は
この40年以上の歴史を持つ「奥只見の魚を育てる会」をお手本にしています。
そして、このツワモノたちの中には
魚野川ヤマメ発眼卵放流にも来てくれる人が大勢いるので、心強いです。

U's +Futures ヤマメ発眼卵放流は11月11日(日)です。
10日はアンティーズハウスにて懇親会を行いますので、
前泊できる方は是非土曜日から、お気軽にいらしてください。

【ヤマメ発眼卵放流のご案内】
http://green.ap.teacup.com/kyosuke/1800.html


アンティーズハウス
http://www.bekkoam.ne.jp/ro/kyo/
025-783-3442

2018/10/3

魚野川 岩魚幼魚放流  フィッシング

クリックすると元のサイズで表示します

今日は魚沼漁協の仕事で岩魚放流。

晴れた時間帯に行えたので、ホッとしました。

先日の台風で増水したので、川の様相は少々変化しています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

大きいもので10cmぐらい。

8,000尾を放流。

禁漁に入った時期に幼魚を放流したのは初めてです。

この時期に放流できると、
5カ月間は釣り人から逃れながら自然下で育つので
野性味を帯びやすいかもしれません。

とても喜ばしいことですね。


放流動画
https://youtu.be/Q4a3GQYRP6k


アンティーズハウス
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/
025-783-3442

2018/10/2

スキースノーボード 石打丸山スキー場ゲレンデ前の宿泊 冬期予約受付中  石打丸山スキー場

10月になり、スキー・スノーボードフリークは冬の計画を立て始めていると思います。

クリックすると元のサイズで表示します

当宿は冬になると宿前が雪原

ゲレンデ前のロケーションになり、滑って横付けできる貴重な立地が喜ばれています。
小さいお子様連れには雪遊びにも最適で、休憩も楽々です。

クリックすると元のサイズで表示します

ゲレンデビューのホールはグリーンシーズンと景色が一変します。


2019年のスキー、スノーボードシーズンの宿泊予約も入り始めていますが
次シーズンの石打丸山は新規設備を建設中で、様変わりにも期待できます。


新規建設予定の設備および施設

・サンライズエクスプレス 【最新鋭、世界初登場】

・チロルトリプルリフト

・リゾートセンター

【詳細】
http://ishiuchi.or.jp/topics/28322


年末年始や2月連休、週末のご予約、
団体様、貸切予約はお早めにどうぞ!


【石打丸山スキー場と冬期のアンティーズハウスロケーション】
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/gerende.html



★冬期の居候スタッフも募集中です。
募集の詳細はこちらです。

http://green.ap.teacup.com/kyosuke/1795.html



石打丸山スキー場ゲレンデ前のペンション
アンティーズハウス

http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/
025-783-3442

2018/10/1

’18魚野川のトラウトフィッシング  フィッシング

今日から5か月間、魚野川のトラウトフィッシングは禁漁となります。

2月までの寒さがウソのように暖かくなった3月の解禁は
例年通り、大岩魚ラッシュで始まりました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

下流部では50cmクラスが多く出て、
魚野川名物の雪代大岩魚狙いの人々を歓喜させました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

私的に喜ばしく思っているのは、ワイルドレインボーの釣果。

特段、5月末からの鮎稚魚放流のころから70cmを超える釣果情報も寄せられました。
6月からの少雨で水位が下がり、本流大場所を探りやすくなったことも要因と思いますが、
数年前に多くキャッチされていたコンディションの良い40cmクラスが
定着して成長したと思われます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

山の雪消えの早かった今年は5月中旬にはドライフライの盛期となった流域もありました。
一部河川の水位がなかなか下がらなかったお陰でドライの盛期は長く続き、
6月末まで、コンディションによってはすさまじい釣果があり、僕も驚かされました。

しかし、7月と8月の猛暑と渇水で夏のターゲット「大ヤマメ」は不調。
その生存も懸念することとなります。

クリックすると元のサイズで表示します

そんな中、お盆を過ぎると一転、雨ばかりとなり、
水位が復活すると魚野川の隠れた名物真夏の本流遡上岩魚がお目見え。

巨大なものも多く、渇水期を耐え抜いた野生に感動させられました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

そして9月。

鳴りを潜めていた成熟ヤマメたちがお目見え。
釣果数が少ないことは否めませんが、無事な姿にホッとしました。

2年魚は多く確認したので、来年はまた夏ヤマメを楽しめるでしょう。


クリックすると元のサイズで表示します

今シーズンも多くの方々に来館していただき、感謝しております。

今年の僕はいつにもまして釣行回数が減りましたが、
来期は精力的に川を歩く予定です。

今シーズンの魚野川ダービー(第16回)
来年の魚野川年券を獲得したのは正木宏明さんです。
おめでとうございました!


来シーズンをお楽しみに!


【お知らせ】

11月10日〜11日は恒例のU's +Futures「ヤマメ発眼卵放流」です。(10日懇親会、11日放流など)
ご興味のある方はお気軽に参加してください。
11日のみの参加も歓迎です。

詳細はこちらです。

http://green.ap.teacup.com/kyosuke/1800.html


【お知らせ2】

今年から魚沼漁協の鮭捕獲権利者(鮭鱒部会員)は
定められた流域で鮭の釣りでの捕獲が認められました。

これは県外の一般遊漁者への有効利用調査の前段階です。
つまり、鮭釣りの一般開放へ向けて、
実際に釣りで鮭が釣れるのかどうかを立証するということです。
僕も冬までに何度か狙ってみます。

お楽しみに


魚野川の釣り
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/turi.html



アンティーズハウス
025−783−3442


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ