〒949-6372 新潟県南魚沼市石打972−2  025-783-3442    アンティーズハウスHPはリンク集からどうぞ。

2016/8/28

鮎友釣りを考える会 魚野川  フィッシング

昨日は内水面水産試験場などの鮎・渓流魚研究の強者が全国各地から集まり、
「鮎の放流と友釣りを考える会」がアンティーズハウスで催されました。

昨日は残念ながら大雨の影響で鮎釣りにはならず、
ほとんどの方が釣りをなさらずに来訪。

クリックすると元のサイズで表示します

今回の会で焼いて食べるために
懇意の新潟県内水面水産試験場の方が釣りためておいた鮎。
大きいのは25cmあります。

ひと月前から上流部の鮎は冷水病の影響で魚影が薄くなり、
不調が続いていますが、下流部は好調に大型が出ています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

夕食後、魚野川の今昔を含め、本格的な勉強会。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

上流部から下流部まで、古くは昭和22年の航空写真も見ることができました。
直近では特に2011年の新潟豪雨以降の人為的変化を含めた変貌ぶりを
スライドで見比べることができ、
改修工事の在り方には改めて考えさせられました。

鮎だけではなく、トラウト類、コイ科の魚、カジカ・・他
川に生息する魚たちに良い環境を造ってあげることは我々の義務と考えます。
私的には河川環境が良化すれば、鮎の冷水病も多くは回避できると考えています。

高度成長期〜バブル期の環境破壊を伴う工事には
すべての従事者が反省を踏まえ、意識を高めなければなりませんね。

クリックすると元のサイズで表示します

その後、始まった本格的な飲み会には僕も片隅に参加させていただき、
鮎のことだけではなく、渓流魚のことについても
いろいろと聴かせていただきました。

その道のプロフェッショナルのお話には
僕にもまだまだ知らないことがあり、とても勉強になりました。

この会を当宿で開催してくれた
新潟県内水試のS様に感謝いたします!


魚野川の釣り宿 アンティーズハウス
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/
025-783-3442

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ