〒949-6372 新潟県南魚沼市石打972−2  025-783-3442    アンティーズハウスHPはリンク集からどうぞ。

2010/3/25

’10解禁1週間前の魚野川本流の様子  フィッシング

雪になりそうな寒さの中、旧小出町の魚沼漁協本部へ
皆様の年券を作りに行ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

下流部の様子です。
気温は低いのですが、雨のせいか濁っています。

クリックすると元のサイズで表示します

でも、今晩から2〜3日の間、雪になるようなので、水は引いてくると思います。

クリックすると元のサイズで表示します

川原の一部は、国道などの除雪した雪の捨て場になります。
ですから、残雪の非常に多いところもあります。

クリックすると元のサイズで表示します

ここは、中流部の人気流域です。
水量は多いですね。

クリックすると元のサイズで表示します

ここは、右岸と左岸の水の色がくっきり分かれてますね。
右岸から支流のクリアな水が入って来ています。

クリックすると元のサイズで表示します

4時ごろ、ヤマメの放流のために上流部に近い旧塩沢町まで戻ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

水量が多いので、こんな場所を見つけて雪に足を捕られながら放流しました。
脚は雪に埋まるし、寒くて手は痛むし、、、
陽気に恵まれなかったのは、日ごろの行いが悪いのでしょう(笑)

今日は、先日の稚魚とは打って変わっていわゆる「塩焼きサイズ」を入れました。
解禁当初の餌釣りで抜かれてしまうものも多いでしょうが
そうそう釣りきれるものではありません。
ワイルドに巨大化するのを期待しましょう!

クリックすると元のサイズで表示します

昨日、シマノのリール開発の方から本流用のリールが届きました。
ニューステラ3000HG。
今までのリールでも申し分は無いのですが、
これはハイギアなので、特にスーパーレインボーなどがヒットした時に
かなりのパフォーマンスを発揮することでしょう。

2000HGと合わせて、本流域は全て網羅します。
魚野川は、支流も含めてどこからとんでもない大物が飛び出すか分からないので、
上流や支流などでのライトタックルでも安心なリールは心強いです。

でも、まずヒットさせないとね(笑)


追;
本日出来上がった魚野川水系の年券のうち、郵送を希望された方には
すぐに発送しましたので、解禁日前にお手元に届くはずです。


今年のアンティーズハウス魚野川ダービー(優勝商品・・魚野川年券)は、
開始以来の7シーズン中5回の優勝で連続ディフェンディングチャンピオンの
フライ界の大御所 安田龍司さんを破りましょう!

うちで宿泊してくれれば、時合いに応じた熱いポイントもお教えしますから
どなたにもチャンスはありますよ!


【魚野川釣りのページ】
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/turi.html

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ