〒949-6372 新潟県南魚沼市石打972−2  025-783-3442    アンティーズハウスHPはリンク集からどうぞ。

2008/7/16

魚野川・・・夏到来  フィッシング
いよいよ夏ですね。
こちらは、大気の状態が不安定な日も多いのですが、
梅雨明けが近いのでしょう。

魚野川のトラウトも夏の荒食い時期を迎えました。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

上の2枚は、お客様の釣果です。
33cmの本流居着きヤマメと59cmのレインボーです。
今年は、レインボーもコンディションの良い個体が多いです。
レインボーは、秋にも活性が落ちず、フライやルアーを果敢に追うので、
シーズンの最終日まで楽しめそうですね。

クリックすると元のサイズで表示します

古いスプーンのカラーをアレンジしたので、
試し釣りをするとヤマメが夏らしいバイトをしてくれました。
これは、31cmの居着きヤマメです。
綺麗でしたよ。
このあと、鮎やハヤも含めて、多くの釣果がありました。
年のせいか?スプーンをフライフィッシング的に使い、
スローな釣りをするのが、若干のマイブームです。

クリックすると元のサイズで表示します

カブトムシやクワガタも活発になってきました。
特にミヤマクワガタは、人気の昆虫ですね。
子供とちょっと探しに行ったらいましたよ。
うちのすぐ上の沢に大発生したホタルの画像も載せたいのですが、
私のカメラじゃ残念ながら撮れませんでした。
うちの周りには、キリギリスが鳴き、
夕方にはヒグラシが、「カナカナカナ」と涼しげな泣き声を響かせます。

クリックすると元のサイズで表示します

釣りの話に戻りますが、
このコガネムシは、この時期本流トラウトのベイトのひとつになっています。
フライフィッシングには、試しに巻いてみてください。
私の経験では、レインボートラウトが興味を持つことが多いです。

クリックすると元のサイズで表示します

唐突ですが、蛙は、愛嬌がありますね。
なんとなくほほえましく思うので、載せてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

そういえば、昨日川原の葦原に亀がいました。
つかむと引っ込んで出てこなかったので、種類がわかりませんが、
野生の草亀でしょうか?
それとも捨てられたミドリガメが大きくなったのでしょうか?
私が小さい頃は、横浜でも野生の亀を捕って飼ったものです。
古い話ですが、その頃を懐かしく思い出しました。

クリックすると元のサイズで表示します

ところで、これは何のヤゴの抜け殻でしょうか?
オニヤンマではないのですが巨大です。

きょろきょろしていると、いろいろな発見ができる季節も夏ですね。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ