〒949-6372 新潟県南魚沼市石打972−2  025-783-3442    アンティーズハウスHPはリンク集からどうぞ。

2008/8/11

昆虫採集ができる宿  自然体験
夏休みも中盤です。

例年に比べ、今年の南魚沼の8月は観光客も少ないようです。
やはり、ガソリン値上がりなどが響いているのでしょうね。
当宿の入れ込みも、今年の8月は、例年の3分の1ほどでしょうか。

それでもこの時期は、昆虫採集目的のご家族がたくさんお見えになっています。
皆さん、日中は、川で泳いだり、フィッシングパークや魚野川で釣りをしたりと
野外遊びを満喫して、夜や早朝に出掛けています。

クリックすると元のサイズで表示します

これは、おなじみのカブトムシ。
比較的簡単に捕れる人気昆虫のひとつで、今が盛期です。
強い昆虫なので、木に染み出る樹液を占領していることが多いです。

クリックすると元のサイズで表示します

最近の皆さんの目的は、主にこのミヤマクワガタです。
立派な容姿に人気が集中するのも分かりますね。
実は、ミヤマクワガタは、デリケートなので、養殖ができないようです。
そのため、野生のものを捕まえる以外に手にする方法がないのです。

ところが、カブトムシの盛期が終わるお盆過ぎの頃には、
樹液が出ていない木でものん気に手の届くところにいることが少なくありません。
デリケートなくせに意外に神出鬼没なのです(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します

これもミヤマクワガタですが、かわいいサイズですね。
今の時期のミヤマクワガタは、灯火採集でよく捕れます。

よく飛んでくる灯火をお教えして、探しに出掛けてもらうのですが、
今年も採集がうまくいかなかったご家族は、
今のところ一組だけという非常に高い確率で捕れています。

クリックすると元のサイズで表示します

同じく灯火によく集まるアカアシクワガタです。
これは、メスですが、その名の通り、足が赤いのです。

クリックすると元のサイズで表示します

今日、お帰りになったお客様は、毎年お越しになるのですが、
なんでもミヤマクワガタには、3つの種類があって、
地元では、捕れないものを捕りにいらっしゃっているそうです。
昆虫道?も奥が深いですね。

今年は、2泊3日で60匹(内クワガタ53匹)の成果があったそうです。
凄いですね。
お子様にせがまれての家族サービスなのでしょうが、
なんとなく、お父さんの方が夢中になっている姿がほほえましいです。
仲の良いご家庭の秘密は共通の趣味なのでしょうね。

昨日は、蛍狩りに出掛けたご家族もいらっしゃいました。
もう蛍の時期はピークを過ぎていますが、
少なくなったとはいえ、まだ見られます。

トノサマバッタなどの盛期も近付き、オニヤンマも飛び交っています。
夜には、様々な虫の鳴き声も聞こえます。
クツワムシも鳴き初めました。

今日は、夏休みの宿題に水生昆虫を調べているお子様も来ています。
私は釣り人なので、この分野は専門??なのですが、
面白いことに目をつけるお子さんもいるんですね。

皆様もまだ3週間残るお子様の夏休みサービスにどうぞ遊びに来て下さいね。
まだまだ当分の間、クワガタが捕れる季節も続きます。
自然界の小動物は面白いですよ。

2008/8/12  23:16

投稿者:マスター
面目ありません。
ミヤマクワガタの養殖は、大型のものを育てるにはコツがあり、簡単ではないそうですが、個人レベルでもできるそうです。

日々、進歩していますね!



http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ